家計簿付ける番です「実践編」

♪麦わらのーーー、帽子の君がーーーーふふふふーふーーん・・・いーーつまでも、いーーーつまでもーーこのままーーーーーー♪ 

 

今週のお題】Q.秋っぽい日々を送っていますか→ A.はい、「マリーゴールド」聴いてます。え?お題関係ないって?いや、お題と関係あるよ。だって、マリーゴールドは夏から秋にかけて綺麗な花を咲かせる「キク科」の花だからさ。やっぱり、黄色とオレンジが好きだなーーー。

 

ってなわけで、どうも、「akatown」です。最近あいみょんの曲が自分の脳内に焼き付いていつまでも離さない(♪)のでプロフィールをお花畑にしました。あいみょん柔らかく包み込むようで、力強さも感じる歌声に聞き惚れている今日この頃です。

じゃあ、本題に行こうか

(^0^)♪麦わらのーーーーーー(^0^)帽子の君がーーーーーーーー♪  本題⇓

 

f:id:akatown:20191023221532p:plain

 

前回のおさらい

以前の記事「家計簿付けてる?」で紹介した事をまとめると以下の通りです。

 

・家計簿をつけるのは薄給の方でも地味に効くから付けるべき

・節約を続けてお金を貯めるだけの生活はつまらない物だからおすすめしない

・生活レベルを落として食費を抑え、健康レベルを落としてまでやる意味はない

・消費・投資・浪費の意味とバランスを理解しよう

 

大きくまとめると上の4点になります。詳しくは過去記事をご覧ください

 

www.akatown.jp

 

家計簿実践編:家計簿の重要性を踏まえたうえで

お金を貯めるためじゃなかったら何のために家計簿をつけるの?という話ですがちょっと小難しい話、お金を貯めるためという意見が必ずしも間違っているわけではありません。何故なら、結果として「お金を貯めやすくなる」からです。

 

ここで大事なのは家計簿の最大のメリットが重要なんですが、ズバリ、「収入と支出を把握する」という事です。これを聞いて、「・・・なんだ当たり前じゃん」という方も多いかもしれませんが、果たして本当に自身の収入と支出の把握をできているでしょうか?

 

これは筆者の実話ですが、以前の私は専ら地銀を利用しているキャッシュ派のコンビニ大好き野郎でした(注:今もコンビニは良く行きます)

 

銀行やコンビニのATMで毎回缶ジュースが1,2本買えるぐらいの手数料を小出し小出しで現金を降ろすたびに払い、当たり前に毎日のようにパスタとおにぎり、お茶をセットで買い1回の食事で700円以上の支出を繰り返す日々を送りました。

 

その結果、体重はちょっとずつ増え、逆にお金は±0、下手すればマイナスの状態を繰り返していました。しかもその時は「その事実を軽く考えていた」のです。

 

それが、たまたまネット広告で良さげなアプリを見つけ(後で紹介します)何となく付けた結果衝撃を受けます。・・・・・・「え!?1ヶ月の食費が5万円超えてる!!・・・やばい、節約しなきゃ・・・」となったわけです。

 

そんなこんなで今ではコンビニには良く行きますがATM手数料は「ネット銀行」のプログラムの恩恵を受けて実質月0円スーパーでの飲食料品の買い物もはじめ、体重は少しずつ平均値より落ちていきました。

 

これ何をしたかというと「家計簿をつけた」わけですよ。それにより「本質的に収入と支出を把握できた」わけです。そして意識改革が自分の中で芽生えて「何となく」の生活を改善できたんです。つまり、家計簿をつけていなかったら未だにお金が増えていない事に対して何も思っていなかったと思います。

 

だから家計簿は「付けるだけ」で効果が表れるんです。

 

重要性はわかっても気持ちが追い付かない方へ

それはわかったけどあんなちまちま帳簿に数字書いて電卓はじけないよ・・・という方は是非とも「家計簿アプリ」をためしてください。この家計簿アプリは大きく分けて3つのメリットがあります。

 

・収入と支出を自動的にグラフ化してくれる

・テンプレートを使って固定費を簡単に入力できる

スマホ一つでどこでも簡単に家計簿がつけれる

自分が使っている「マネーフォワード」の家計簿アプリはこの3つを無料プランの状態で出来ます。ちなみに、有料プランを使えばお手持ちの口座・クレジット情報を家計簿アプリと連携してリアルタイムでの管理が可能です。

 

注:家計簿アプリの回し者じゃないです。あくまで為になる情報を流します

 

最近お金が貯まらなくて困っている方は是非活用してみて下さい。

 

今回は簡単に実践できる家計簿アプリをご紹介しました。正しく節約するための「実践編」もまたいつか書きます。ではまた、(^-^)/  --------see you----------