今年も大節税の時期がやってまいりました。

♪グッバイ、君の運命のヒトは僕じゃない……その髪に触れただけで 痛いや いやでも
甘いな いやいや……たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」  ♪(Pretender:歌詞より抜粋)

 

マジ、切ねえっすよ、「Pretender  」さん(´;ω;`)ウッ… 最近、髭男(髭の男が好きちゃうで)にはまっている「akatown」です。 

 

今日は、サラリーマンなら馴染みの深い アレ について紹介だ。よし!!行ってみよう。アターーーーーーーーーーック!!(`・ω・´)ーーーーー〇

 

f:id:akatown:20191101203722p:plain

サラリーマンの税金を確定せねばならんとです

はい、という事で今年も「年末調整」の時期がやってきました。一応説明しておくと、年末調整はサラリーマや公務員の方が年間を通して支払った源泉所得税のプラスマイナスを清算をする税金調整の定番とも言える作業です。

 

普通に書き方とかの説明でもいいんですが、せっかく節税記事を書いているので「保険」の控除や「わかりにくい専門用語」に焦点を当ててご説明します

(^ ^)/ アタック! 

 

所得?給与?同じじゃないの??

こちらはたまに誤解される方がたまにいらっしゃるのですが、所得と給与は別のものなの

ごちゃまぜにして考えたら大変な事になります

😭混ぜるな危険⚠

 

簡単に説明すると、

所得=あなたの儲け、又は利益です  

 

サラリーマンの所得=給与所得です

 

給与=あなたが毎月受け取る全ての金銭及び一部の支給品を指します

 

更に言えば、「給与所得」=「給与収入(年収)」ー「必要経費(サラリーマンは給与所得控除)」となります。

 

控除欄は節税の大チャンス!!

皆さん、やっぱり税金は少しでも多く抑えたいですよね・・・うんうん・・・そして浮いたお金で家族で食事に、もしくはポケット・・・

 

・・・ゴホン!!

 

仕組みをご説明します。例えば「年収100万円」に対して10%の税金(あくまで具体例としての税率です)が掛かれば「税金の10万円」を引いて手取りは「90万円」です。

 

でもね、税務署さんに書面を通して言うわけですよ。

 

「これ、控除できるから10万円も払わんぜよ(`・ω・´)うむ」と

 

例えば生命保険「年間12万円」掛けてたら100万円ー控除5万円(限度額は良くて5万円なので)で「95万円」に対しての税金となるので先程の10%を掛けると「税金が9万5千円」。よって、「これだけで5千円浮きました」というわけです。

 

わーーーーーーー、これで何食べよう♪

 

ゴホン!!

 

控除の仕組みはまた今度改めてご説明します。

 

保険料等の控除は「令和元年分  給与所得者の保険料控除申告書」の表面に必要事項を記載して「裏面」に「控除証明書」貼り付けます。この時大事なのが、その保険は「旧生命保険料」なのか「新生命保険料」なのかという点です。

 

まず、これらの基準は何かというと平成24年分以後の一般の生命保険料控除については、平成24年1月1日以後に新たに契約した生命保険契約等(新契約)と、

 

同日前に契約した生命保険契約等(旧契約)のものに区分されたので新旧という表現をしてあります。

 

また、保険料の控除額も基準があって

 

  • 旧生命保険料の控除額=最大控除額が「5万円」
  • 新生命保険料の控除額=最大控除額が「4万円」

 

となっておりますので「一万円の差」がある点に注意してください。

ちなみに、保険会社が「新か旧か書いてある」のでご安心ください。 

 

はい、今回はここまでです。数回に分けて「わかりやすく」、「見やすく」をモットーに説明していきますね。次回は生命保険料の控除の続きから説明します。

 

では、また(^‐^)/ see you---------