何!?桐谷さんを知らないだと・・優待名人 × 増税ブロガー

最近寒いですね・・・これ何回言ったかわからん

 

本当に、寒いですね。地元じゃ家の家が一番寒いんです(どや顔( ̄▽ ̄))

 

さて、久しぶりに【今週のお題】に触れてみると

 

今週のお題】グングン伸びる

そりゃ、アクセスでしょ( ´艸`)そりゃもうーーーーー

 

「akatown」の嘘つき(´;ω;`)アクセスイマイチじゃないか

 

はてなブロガーの道は険しいな。。。よし、気を取り直して今日も

 

増税・節税」に役立つ記事を書くぞ!!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 

 

f:id:akatown:20191117162045p:plain


 

 

今回のテーマ:株の説明:私じゃなくて「桐谷さん」を召喚

今回も株についてお話しますよ♪

ご存知でしたか?実は株は「増税対策」にはピッタリなんです。

 

まあ、ぶっちゃけ「素人ブロガー」が話すより、桐谷さんの暮らしを観て株は怪しいものではないという事を知ってほしいという願望です。では、まずは桐谷さんのご紹介♪

 

優待名人:桐谷さんを知らない方に向けて

まずは、桐谷さんのプロフィールをご紹介します

本名:桐谷広人。職業は元、プロ棋士で今は悠々自適に株の取り引きをしながら

株主優待」で数えきれない程の「優待品」に囲まれて裕福な生活を送る。

 

桐谷さんのすごいところ:一円、十円単位の小銭以外はほぼ優待で一年を過ごす

 

桐谷さんの更に凄い所:天然ボケをかまし、お茶の間に笑い運ぶ天才

 

桐谷さんの特徴:真面目にボケる・財布はお札ではなく優待券・奥さんが欲しい

 

桐谷さん、優待について、詳しくは動画にて、桐谷さんと優待の魅力を知る事が出来ます。

 


45月曜から夜ふかし》株主優待だけで生活している人物がいる件

 

爆笑必須!桐谷さんの魅力がいっぱい↓


《月曜から夜ふかし》『ついに桐谷さんが海を渡った』

 

真面目な解説記事↓


【第2回】桐谷さんに聞く「株主優待で得られるものとは? その1」 飲食店の割引券から洋服、時計、カタログギフトまで 食と住に関するものは、ほとんど株主優待で賄える!

 

こんな感じです。桐谷さん面白くないですか( ´艸`)わいのツボや

 

桐谷さんはこう見えて(笑)株式投資のプロです。桐谷さんは素人でもわかりやすいように株主優待の魅力について話してくれます。是非とも参考にされてください。

 

株主優待とは?危なくないの??

桐谷さんを ご覧の通りです。危ないどころか・・・利用しないことで確実に損をしています。

 

例えば、株主優待に力を入れている会社の一つに

有名カジュアル衣料販売店マックハウスがあります。

 

こちらの優待内容としまして、

 ・100株 … (1)1,000円相当+(2)5枚+(3)5,000円相当となっています。

 

今から詳しく説明しますね

 

1つ目(1)として、優待券(1,000円相当の券として使用できる)
2つ目(2)として、各店舗で使用できる20%割引券
3つ目(3)として、通販専用優待券でこの金額がでかくて、

 

何と、優待一回につき「5,000円相当」です。(注意点として、こちらの券に関しては通販専用なので店舗ではご利用できません)

 

ちなみに、マックハウスの優待は「2月・8月」の年二回あるので

年間に「12,000円相当」+20%の割引券10枚がもらえるという事です。

 

※令和元年11/17時点での最低条件

1単元:598円×100株=59,800円で「株主優待の権利」を取得可能

 

私、ブロガー目線で物を言えば

59,800て事は約6万円 

この6万円÷12,000円=5年間で元が取れる & ヘビーユーザー向けに割引券が10枚もある

んです(もちろん、会社の業績により変更はある(良くも悪くも)

これ、マックハウスヘビーユーザーで利用してなかったら

 

ヘビーユーザーなのに株主優待使用しないんですか(;^ω^)?

 

って話です。もし、株主優待に興味がある人はまず、「株は怖いという概念を捨てる」事が大切です。

 

そして、桐谷さんのように「現金に縛られない自由な生活」を「少しでも」手にしましょう。

 

 

増税対策ブロガーの意見:

(元、管理職の意見として)

 

最初は怖いかもしれませんが、行動をすることは大事です。行動をしたら結果が手に入ります。そうすると心に少しずつ余裕が生まれるのです。これは、「知らないことから解放された安堵」とでも言いましょうか。

そうして、生まれた余裕は「人に優しさをもたらします

 

今現在、お金の事で夫婦喧嘩が絶えない家庭で暮らしている方、まずは怖がっていないで「新たな一歩」を踏み出してみましょう。

 

二歩目にあるのは「先を見据えた安堵」しかないはずです。       以上です