桐谷さん×増税ブロガー 株主優待・株価変動の仕組みを詳しく解説

どうも、akatownです。

 

最近、沢尻エリカがニュースになってショックを受けました。ちょっととんがった所はあるけれどまだまだ伸びしろがある女優なだけに寂しいですね。

 

ちなみに、「エリカ様」より「エリカちゃん(?)」の時が好きだったと、甘酸っぱい告白をしてみる(´;ω;`)一リットルの涙は最高やで

 

では、本題に行ってみましょーーーーーーーーーーーーーー(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 

f:id:akatown:20191118211358p:plain

 

 

前回の動画を観て株主優待に興味が湧いた方へ

まだ観てない方は「爆笑必須」の海外編動画をこちらからご覧ください(*- -)(*_ _)ペコリ

 

 

www.akatown.jp

 

さて、動画を見ていただいた方のなかで、実際に株主優待を手に入れたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その中に、「始める気はあるけどやっぱり怖いな・・・」という方に向けて今回は記事を書きます。

 

基本的な内容ですので、既に資産運用されている方には当たり前の内容ですので、こちらはご了承ください。

 

過去記事の内容より補足説明

前回の記事で「マックハウス」の優待についてご説明しましたが、こちらの会社は配当も出るそうですよ(^^♪(注:内容は随時変わりますのでご了承ください。)

 

株の魅力はもちろん優待もあるのですが、やはり「配当金」があるのが嬉しいですね。

では、配当金について説明しますね。

 

「配当金」とは

上場企業の株を買ったらその持ち株数に応じて、「配当」としてお金を企業より還元していただけます。このお金を「配当金」と言います。配当金は会社の業績、また、手持ちの株数に応じて配当額が決まります。

 

例えば、年一回の配当で 株の配当が一株につき10円の場合、一単元を持っている株主となったとき

10円 × 100株 =年間 1,000円の配当を受け取る事が出来ます。

 

ちなみに、税金が20.42%掛かるので、

1,000円 × 0.2042 = 204円 差し引いて、手取りは796円となります。

 

なので、手元に残るのは約800円ですね

 前回の「マックハウス」の内容を当てはめると、「12,800円」が毎年手に入るわけです。

 

これ、かなりおいしくないですか?( ´艸`)おいしい!

 

優待株をおすすめする理由:

ずばり、「価格が変動しにくい」からです。株主優待に力を入れている会社は「個人投資家」を大事にします。大事にするというのは「優待に力を入れる」というのもその一つです。それを個人投資家の皆さん理解していますので、優待株を手放す方が少なく「株価が比較的安定しやすい」のです。

 

もし、株価が大幅に下落しても「ストップ安」という株の取引き基準があるので安心してください。

 

極端な話、買った株の株価1,000円のものが一日でいきなり100円に下がるような事態はないんです。

 

これは「ストップ安」の基準値内でしかその日は株の下落はないという値が定められているからです。これだけでも投資初心者にとっては安心ですね(^^♪

 

下記の動画では優待の内容をご説明しています↓是非参考にされてみてください


株主優待・高配当・桐谷さんもおすすめ QUOカード付銘柄3選 (NISA口座・クオカード・配当金)

 

 

株主優待・株価変動のまとめ

いかがでしたか?株は仕組みさえ理解してしまえばそんなに難しいものではありません。もちろん、それで食べていくとなると話は別ですが、小金を稼ぐのにはそんなに敷居は高くありませんし、

 

何より「優待がほしい」方にとっては株価の変動はそこまで気にしなくてよいのです。

 

もし良かったらこの記事をきっかけに株を始められることをおすすめします♪

今回はここまでです。では、また(^^♪