魔法のカード何て存在しないという現実

突然だが、皆さんは「魔法にかけられて」という作品をご覧になった事はあるだろうか?

 

この作品は、ハリウッド女優エイミー・アダムス主演によるアニメーションと現代を繋ぐラブ・コメディーであり、言わずと知れたディズニー映画の名作の一つである。


魔法にかけられて 

 

ディズニー映画の紹介・・・ではなく魔法に触れたい

f:id:akatown:20191212224857j:plain

魔法にかけられての始まり♪



いや、正直この作品を紹介したいわけではない。私は家計対策ブロガーなので今はカードの事についてお話したい。

 

 

前置きが長くなったが、私が今回伝えたい事は「クレジットカードに魔法は存在しない」という事だ。

 

しかし、現代社会においては、あたかも魔法にかけられてしまったかの如く、クレジットカードに操られている人が多いのも確かだ。

 

そこで、一例を紹介してみよう。この記事を読んでいくと「あ、やべ、私だ・・・」何て人がもしかしたら出てくるかもしれないが、反面教師としてこの例文のやり取りを読んでほしい。全ての内容を読み終わった後には「今必要な現実」が明確にわかってスッキリする事だろう。では、まずはクレジットにまつわる「あるある」から説明しよう。

 

魔法にかけられて:クレジットあるある

f:id:akatown:20191212224556j:plain

まるで魔法のよう・・・だ?

シンプルに登場人物はギャル(以下A)とギャル男(以下B)の二人の会話とする。

大体、こんな感じだ。

 

A「B観て!新しいバック買っちった☆これヤバくね!?」

B「ヤベーな!!・・・ちょ、マジ可愛いじゃん。それどこの?」

A「ロエベのハンドバッグだよ!前からチョー欲しかったんだ☆」

A「でも、マジ高かったんですけど!」

B「へー、いくら?」

A「んーとね、大体20万円くらい☆」

B「ちょ!お前確か今金欠じゃなかったっけ!?

A「いいの、クレカの魔法使ったから来月までには何とかするし☆

↑大体こんな感じの内容だ、言いたいこともよくわかる。だが…

 

 

それは魔法ではない…強いて言うなら翌月払いになるというだけだ。根本的に金銭感覚が狂ってしまっているのは確かに魔法かもしれないが、この思考になると本当に危険だ。では、こうなってしまった場合はどうしたら良いのだろうか・・・

 

クレカの魔法にかけられないためには?

f:id:akatown:20191212224700j:plain

魔法にかかってしまった・・・

クレジットマジックにかからないための基本はこれだ。

・分割回数を少な目に

・リボ払いはなるべく使用しない

・クレジット限度額を低めに設定

では、順番に解説しよう。

 

クレカの現実その①分割回数を少な目に

f:id:akatown:20191212225025j:plain

クレジットカードの魔力は凄い・・・

 クレジットカードのお得機能の一つに「分割払い」の設定がある。高額の買い物をした時にクレジットカードでのお支払いを一括ではなく、数回に分けて支払う「分割」という手段を取れるのだ。

 

 だが、これは便利が故に慣れてしまうと危険である。何故なら、「分割払い」の場合は一括払いによる「無料」とは違い「手数料」が発生するのである。

 

例えば、大手クレジットカードの「三井住友VISAカード」で5万円の買い物を「10回」の分割払いにした時に、掛かる分割手数料は「3,350円」にも及ぶ。当然ながら回数を増やすほど手数料が膨らむので分割払いに「極力避けたい」所である。

クレカの現実その②リボ払いはなるべく使用しない

f:id:akatown:20191212225114j:plain

クレジットカードマジック発動

 これまたクレジットカードのお得機能の一つに「リボ払い」がある。上記説明のようにクレジットカードによるお支払いが「分割」になるのは同じだが、唯一のメリットとして「支払を毎月同じ金額に出来る」という点だ。

 

例えば、先程のロエベのバッグを「リボ払い」で「月20,000円の返済」で考えた場合は「20,000×10回」の20万円分が「(手数料抜きの返済回数」である。・・・だが、そううまくは行かないのが現実だ。

 

何故なら、リボ払いは分割払いと同じく「支払回数」が多いほど分割手数料が発生し、その手数料の額は「残りの返済額によって変動」するからだ。つまり、「購入品が高額で分割回数が多いほど手数料が発生」するという事になる。こうなると「ローン地獄に陥る」と言っても過言ではない。

 

これを避けるためには「リボ払いには手を出さないか、回数が少な目で買える所まで元手を増やす」かのどちらかだ。なお、高額な買い物ほどポイントサイトの活用が効いてくるのでこちらも見てほしい。

 

  

クレカの現実その③クレジット限度額を低めに設定

f:id:akatown:20191212224753p:plain

クレジットカードの限度額を設定して現実的に

最後に説明するのは「クレジットカードの限度額を低めに設定」するという方法だ。

これは、クレジットカードを今から始めるクレジットカード初心者~クレジットカード上級者までの全ての方に意識して欲しい方法となる。

 

何故なら、少なからず「クレジットカードの魔法にかけられて」しまう方がいるのが現実であり、そういった方達を見てクレジットカードの利用をしない」という判断をする人もいるからだ。

 

ただ、筆者はクレジットカードの活用を積極的にお勧めする。何故なら、先ほども言ったようにこちらに書いてあるポイントサイトを利用すれば、「損をする事はまずない」からだ。(注:一括払い基準での話、分割なら尚更ポイントサイトが効いてくる)

 

だから、クレジットカード初心者は迷わずに「一枚ぐらい」は持っていても問題ないと考える。どのカードがおすすめかは過去記事で書いたクレジットカード3選から選ぶのが無難なのは間違いない。

 

まとめ:「魔法にかけられて」しまわないためには

f:id:akatown:20191212224411j:plain

魔法にかけられて

いかがだったであろうか?今回はいつも以上にかなり真面目にファンシーに語ってみたつもりだ。それは筆者がディズニー映画が好きだからという事もある。それと同時に、「魔法にかけられて」のように「現実と夢の狭間にいる人達を救いたかった」からだ。

 

現実は現実夢は夢だから良いのである。こちらの内容が役に立ったら幸いだ。

では、筆者より最後に一言だけどうしても言わなければいけない事がある。

 

 心して聞いてほしい・・・ストアの・・・

 

 

 

 

ディズニーストアの白いプーさんは鬼かわいい」そして、

ただの白くまさん」であると。

 

🐻(^^♪今回は以上です

 

 

 

筆者よりお願い:

 

今後も「増税に負けずに皆さんの家計のお金を貯める為の情報を発信」していきますので良かったら、

読者登録(`・ω・´)お願いします(*- -)(*_ _)ペコリ