その月の管理はデビットで。キャッシュレスな家計簿のつけ方を解説

 参考情報:筆者の仕事「経理&webライター兼「家計対策」ブロガー」、家計の管理「家計簿アプリ」を使用、毎月の節約額「2万円~」 

 

今回の記事はキャッシュレス推進「デビットカード」を利用した家計簿のつけ方を主軸にお話します。今現在のキャッシュレスの状況も交えてお話しますので退屈されてしまっては申し訳ないので必要に応じて「目次」よりクリックしてお進みください。

キャッシュレス決済が便利な世の中になった

f:id:akatown:20191228222344p:plain

家計簿のつけ方を公開する前にキャッシュレスについての紹介


キャッシュレス決済とは文字の如く「キャッシュ(現金)を使用しない(レス)決済」です。代表的な物としまして、クレジットカード・デビットカード電子マネー・最近だとQRコード決済が普及しています。最近でこそ普及してきた各キャッシュレス決済ですが、昔は今より低迷していました。

 

 

そもそも、日本のキャッシュレスの普及率は海外諸国と比べて依然として低いままです。ですがそんな日本において高いキャッシュレス普及率を誇る取引があります。それは今でこそ当たり前になった「ネットショッピング」が関係しています。

 

 

キャッシュレス大辞典:「初心者向け」のキャッシュレスまとめ記事 - 家計対策ブロガーakatown(あかたうん)の節税・趣味日記 _〆(゜▽゜)

キャッシュレスに関する誤解・クレカやPayアプリを利用するにあたっての不安・その他のキャッシュレスに関する補助サイト等をまとめた「初心者向け」のキャッシュレス記事です(^^♪

2019/12/15 17:23

 

 

何故なら「ネットショッピング」による決済は「現金」ではなく、「クレジットカードのシェアが6割以上を占めている」からです。

 

では、デビットカードは?デビットによる家計簿のつけ方を伝授

クレジットカードと比べると「普及していない状態」が続いています。では、何故デビットカードは普及しないのでしょうか?その答えは簡単です。デビットカードは「クレジットカード」と比べて「機能性」で劣っていると同時に「ポイント還元率」も低いのでキャッシュレス派の人の場合でも「クレジットカード」に偏ってしまうのです。

 

ですが、デビットカードは文字通り「デビット(資産)」を利用した堅実なカードです。家計の管理をするにはもってこいです。ただ、今回は「デビットによる家計簿のつけ方」を伝授しますので、キャッシュレス推進のデビットカードの説明は過去記事よりご確認ください。

 

関連記事:デビットカードの安心安全な使い方

www.akatown.jp

 

 関連記事:デビットカードとクレジットカードの違いを徹底解説

www.akatown.jp

 

 関連記事:デビットカードの魅力に迫ります

www.akatown.jp

 

 関連記事:デビットカードの発行はここで決まり

www.akatown.jp

 

堅実な家計簿のつけ方はデビットカードに有り

f:id:akatown:20191228222154j:plain

効率的な家計簿のつけ方を公開。有料でも無料でも可能

時代の流れで現金払いよりキャッシュレス決済が増えてきたのと同じく、デビットカードが堅実で人気だったという考えは今や古い考え方となっております。それと同じく、デビットカードによる堅実な家計簿のつけ方も古くなってきたと「家計簿&家計管理アドバイザー」のあきさんもおっしゃっています。

 

ですが、同じくあきさんがおっしゃるように「クレジットカードより堅実な方法」であるのは間違いありません。何故なら、家計簿基準で物事を捉えたとき、クレジットカードは「他人の資産」を利用した家計簿のつけ方となり、一方デビットカードはと言うと「自身の資産」を利用した家計簿のつけ方を順守できるからです。

 

デビットカードの特徴を最大限に活かした家計簿のつけ方

 

有料サービスになるのですが、家計簿アプリ「マネーフォワード」で「デビットカードと銀行口座の連携」をすれば、デビットカードを使用した際に「家計簿の自動入力」をする事ができますので大変便利です。

 

また、デビットカードは「自身の資産(銀行口座)から即時決済される」ので、「今月の消費=今月の家計簿の入力」とする事ができるため、堅実な家計簿をつける事が出来るのも大きなメリットです。

 

 勿論、銀行口座とデビットカードを連携しなくても「web明細やレシート」を見ながら入力する事も可能なので、「時間とお金のバランスを比較して」みてからお好きな方法でデビットカードを活用してみて下さい。 

デビットカードにより家計簿の幅が広がる:デビットポイントゲット

 デビットカードは「大手病院」・「コンビニ」・「携帯キャリア」・「ネットショッピング」等が対応しており、身近な環境で使用する事が可能です。また、高還元率デビットである「楽天デビットカード」を使用すると、同クレジットカードである「楽天カード」と同じく「ポイントが1%も貰える」ので大変お得です。

 

 

こうして、お得にお買い物をする事で現金以外の知識も自然と身に付き、家計が潤い、結果として「家計簿をつけるモチベーションアップUPに繋がる」のは間違いありません。

  

まとめ:デビットによる家計簿のつけ方次第で「健康的な家計」に

f:id:akatown:20191228222030j:plain

デビットカードによる正しい家計簿のつけ方で「家計」を健康に保つ

いかがだったでしょうか?最近はキャッシュレスブームの波が来ており、中小規模の店舗のスーパーではキャッシュレス決済が使用可能な所が多い状況となっております。

 

しっかり「キャッシュレスの波に乗り」クレジットカードやデビットカード等を使用して「最大5%の還元」を受けつつ、しっかり「家計簿をつける」事により、家庭における家計の健康状態は「著しく向上」していくでしょう。

 

こうした時代の波に合わせた決済と正しい家計簿のつけ方を実践してお互いに「健康的な家計」を目指して頑張りましょう。今回は以上となります。次は、キャッシュレス対応の家計簿のつけ方実践編「ひとり暮らし・共働き家庭の家計簿のつけ方」を公開いたします。次の記事も読んでいただけたらすごく嬉しいです。

 

今回は以上となります。家計簿のつけ方についての記事をご愛読いただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

今後も「増税に負けずに皆さんの家計のお金を貯める為の情報を発信」していきますので良かったら、

読者登録(`・ω・´)お願いします(*- -)(*_ _)ペコリ