ポイント投資は「ほぼノーリスク」なのに何故「投資」なのか?

f:id:akatown:20200115123222p:plain前回の記事ではポイ活によってポイントを貯める方法や「ポイントは使うだけではなく運用するという手段」があり、「最近はポイント投資」を使用するユーザーが増えている事について触れました。

 

 

参考記事:ポイ活とポイント投資について

 

 

www.akatown.jp

 

 

人気のポイ活で貯めたポイントは意外と余ったり、出し惜しみしてしまう事があります。では、こういった場合はどうするか?それを決めるための一つの提案として「ポイント投資をする」という選択肢があります。

 

ポイント投資は「ほぼノーリスク」なのに何故「投資」なのか?

f:id:akatown:20200101103819j:plain

ポイント投資が「投資」になる理由を解説

この答えは簡単で「資産が減るかもしれない」からです。少し専門的なお話をすると会計上「ポイントは使用した時点で課税」となります。つまり、「ポイントはお金と同様」なんです。そのポイントを「投資」する事によりお金同等のポイント=資産が減るかもしれませんのでこれは「投資」となります。

 

ちなみに、投資とは「元本が保証されていない」ので預金とは性質が異なります。ただ、投資により資産を大幅に増やす事が可能であるのが大きなメリットであり、投資の魅力となります。

 

資産運用として「ポイント運用」するべき?

 もし、「ポイント運用だけでポイントを大量に貯める」と言う事が目的の場合はちょっと待ってほしいです。と言うのも、ポイント運用は名前の通り「ポイントを運用」するわけではありますが、「ポイントを貯める事だけを重点的に考えた場合のメリットは薄い」というのが現状です。

 

 

 

おそらく、大手IT企業による通販をご利用されている方や、楽天経済圏の皆さんはご理解いただけると思うのですが、ポイント運用でポイントを貯めるぐらいなら「キャンペーンサービスを使ってお買い物」をした方が「大量にポイントをゲット」出来ますのでポイント運用はどうしても中途半端な存在になってしまします。(お金を使用したポイントの貯め方のため、良し悪しはありますが…)

 

ただ、そんな中「ポイント投資」の方をメインに考えるとしたらどうなるか?それは以下の通りです。

 

ポイント投資の醍醐味とは?

資産を増やした喜び」を嚙み締める所にあります。また、一般的なお話で言えばポイント運用の方は「株式投資の入り口」であり、「一種のポイント戦略」としてIT事業会社が行っている事です。代表的なもので言えば、「楽天」が運営する投資会社楽天証券」があります。

 

 

もちろん、ポイント自体を運用してポイントを増やす「ポイント運用」も行っていますので、「株式投資の入り口」としてポイント運用を始めるのは得策だと考えます。ただ、たかがポイントであり・されどポイントでもあります。と言うのも、資産運用というものは少なからずリスキーな部分が存在します。これを自分の中でどう捉えるのかが成功のカギとなってきます。

 

家計対策ブロガー「akatown」は実際に「ポイント運用」・「ポイント投資」の他にその他「投資」でしっかり利益を出していますので体系的に皆さんをサポートしていきたいと思っております。

 

参考記事:投資信託の運用と利益

 

www.akatown.jp

 

 

まとめ:ポイント投資は「株式投資の入り口」である事を意識しよう

f:id:akatown:20200112233321j:plain

ポイント運用による「ポイント投資」は「株式投資の入り口」でもある

いかがだったでしょうか?今回はポイント運用をする際に抑えておくべきポイントについてお話しました。ポイント運用をするにあたり、気を付けるのは「ポイントを貯めるのに重点を置きすぎない事」です。この事を意識して実際にポイント運用を実行するのも良いかもしれません。

 

さて、次の記事では実際にポイント運用をするにはどの運用会社が良いのか、また、その会社を選ぶメリットを公開します。

 

次回は「 ポイント投資で投資の勉強も有効:おすすめポイント運用会社3選」と言うタイトルでお送りします。是非とも次回記事もご活用下さい(^^♪今回は以上です。ご愛読いただきましてありがとうございます。

 

 

筆者からのお願い:

 

今後も「増税に負けずに皆さんの家計のお金を貯める為の情報を発信」していきますので良かったら、

読者登録(`・ω・´)お願いします(*- -)(*_ _)ペコリ