SoftBank(ソフトバンク)孫正義氏の頭脳を支えるトンカツ

f:id:akatown:20200127220424j:plain

ソフトバンク孫正義氏が、孫正義氏をトンカツが支えている!?


 

突然ですが、皆さんはブログをやるうえで何を意識されているでしょうか?「沢山読まれる事」や「役に立つ事を書く事」や「毎日の気づきを言葉にする」等々といった様々な観点からブロガーさん達が記事を書いているからブログは面白いのです。

 

また、人気ブロガーさん達が初心者の方達と明らかに違う事を一つ語る(どちらかと言うと商標記事として書いている人達基準)とすれば「思考を張り巡らせて記事を書いている」と方達が多いという事です。では、何故考えて書く必要があるかと言うと、単純に「効率的な記事」を書くことが出来るからです。

 

という事で今回の記事では、物事を考える上で必要な「思考」のお話を実際にあったお話を踏まえてお話していきます。題材とさせていただくのは日本の実業家であるソフトバンクの「孫正義氏」です。

 

 

ソフトバンク孫正義が名を馳せる事が出来たのは思考と豚カツのお陰!?

f:id:akatown:20200127220610j:plain

ソフトバンク孫正義氏はトンカツをコンプリートする事に喜びを感じる

ソフトバンク孫正義氏は日本の実業家で「ソフトバンクグループの代表取締役兼社長」であり、福岡ソフトバンクホークスのオーナーでもあります。上場企業の社長と言うと世間一般では「ミシュラン3つ星」の豪華ディナーを毎日のように食べていたり(社長同士の交流の関係等)と言ったイメージもあるかと思いますが、少なくとも孫正義氏は違います。

 

私服もカジュアルな服を好み、昼食を取るときも「コンビニ弁当」や「出前」といった物を取る事が多く、庶民の感覚にかぎりなく近いというのが事実です。また、そんな中特に根を詰めて通っていたお店は何と「豚カツ屋」さんなんです。

 

 

側近の告白!老舗「カツ吉」に見る脳科学孫正義の遊び心と探求心

f:id:akatown:20200127220741j:plain

ソフトバンクの元社長室長三木氏による孫正義「トンカツ伝説」とは

元社長室長「三木雄信氏」が語る孫正義伝説の一つに「トンカツ」によるエピソードが語られています。一般的に日本でトップクラスに稼いでいる代表取締役となると、当然ながらその経営者達に失礼のないランクのお店を選び「交流を深めビジネスにつなげる」という日本ではごく当たり前の交際であり、ソフトバンクにしてもそれは過言ではありません。ただ、一つ言えるのは「ソフトバンク」であって「孫正義氏」の話ではないと言う事です。

 

ミシュラン三ツ星レストランよりトンカツの孫正義

f:id:akatown:20200127220848j:plain

普段の食事は高級志向ではなく、トンカツのような庶民志向の孫正義

上記でも記述したようにミシュラン三ツ星レストランのような高級志向ではなく、コンビニや出前と言った「庶民志向」の孫正義氏、そのため、1,000円もかからないようなランチを定食で召し上がる事もあるそうです。そんな、孫正義氏がはまっていたのが老舗  カツ吉のトンカツだったそうです。

 

カツ吉には50種類ものトンカツがあります。一般的な定食屋さんにあるようなシンプルな味付けの物は勿論の事、中にはチョコレートのような甘い変わり種もありました。そんな50種類もの豚カツを孫正義氏は2ヶ月で制覇したそうです。これも遊び心がなせる業であり、こういった童心にかえるような行為が孫氏の頭の中を「フラット」にして効率の良い仕事をする秘訣なのかもしれません。

 

ソフトバンクの政策:LINEとの経営統合に見る孫正義の思考

 

皆さんもご存知の通り、LINEは「ソーシャルネットワークサービス(SNS)」として 日本・台湾・タイでは現在ナンバー1のシェアを誇る「メッセンジャーアプリケーション」の一つです。そんなLINEとソフトバンクはヤフーを傘下に持つ「Zホールディングス」を通じて「経営統合」という結論に至りました。

 

韓国のNAVERを親会社に持つLINEの経営統合は大きくニュースでも取り上げられました。通信業界大手とアジアトップクラスのメッセンジャーアプリ、また、日本と韓国の融合により今後の経営には注目が集まっています。こういった背景から一時は低迷していたソフトバンクに期待の声が再び高まってきています。

 

www.akatown.jp

 

 

www.akatown.jp

www.akatown.jp

 

 

 

まとめ:「トンカツ」は孫正義氏の頭の中の欲求を満たす材料である

f:id:akatown:20200127220424j:plain

ペッパー「トンカツは勿論、柔軟な思考と庶民志向が社長を支えています」

いかがだったでしょうか?今回は日本では知らない人はほとんでいないであろう世界有数の実業家、孫正義氏とその頭脳を生み出す思考力について別の角度から語ってみました。頭の良い人と言うのは間違いなく「柔軟な思考」を持っているという事。スティーブ・ジョブズ氏の「ゼロベース」にせよ、頭の中をクリーンにして画期的なアイデアを生み出すには柔軟な思考力が必要です。

 

こういった何にでも対応できる思考を持つことにより、スティーブ・ジョブズ氏は「iPhone」を生み出し、孫正義氏は投資ファンドとして活躍する事が出来ており、日本有数の億万長者として名を馳せる事が可能となるのです。

 

もしかしたら、この記事を読んでいただいた方の中には「こう言った思考を手にするにはどうすればよいか?」、と思っていただけた方も中にはいるのではないでしょうか。そう考えるあなたのために次回は、仕事でも役に立つ「遊び心の科学」をご紹介します(^^♪今回は以上です。ご愛読いただきましてありがとうございます。

 

 

 

筆者からのお願い:

 

今後も「増税に負けずに皆さんの家計のお金を貯める為の情報を発信」していきますので良かったら、

読者登録(`・ω・´)お願いします(*- -)(*_ _)ペコリ