同一労働同一賃金による派遣切りの危険性は出てくる?

f:id:akatown:20200203211255j:plain

同一労働同一賃金と派遣切りに可能性について解説

2020年4月1日より「パートタイム・有期雇用労働法」に合わせて「派遣労働法」の改正が行われます。

 

これにより同一労働同一賃金の内容が追加され、派遣社員の賃金水準を上げると言われています。

 

一見、これだけみるとメリットが大きいように見えますが、デメリットはないのでしょうか?今回の記事では「同一労働同一賃金」による「派遣切り」の可能性について公開します。

 

今現在派遣をやられている方、知り合いに派遣社員が入る方はとても重要な内容のため、必ずチェックしてみて下さい。

 

 

同一労働同一賃金の表向きと裏事情とは?

f:id:akatown:20200203210326j:plain

同一労働同一賃金の表向きばかり見ていると裏事情の落とし穴にはまる

派遣切りの本題に入る前に、今回の「同一労働同一賃金」について理解していきましょう。まず、今回の派遣法改正で重要なのが「正社員と派遣社員の不合理な手当の格差を無くす」という点です。

 

派遣社員の通勤手当・食事手当・福利厚生施設の共有・退職金支給といった正社員と同等の待遇をする必要が法律的には出てきます。ただ、表向き事情とは別に必ずしもこうなるとはなりません。

 

どうしても裏事情が絡んでくるのです。やはり、法人は営利を目的とするため、「賃金だけ上がって「経営が改善されない」という事態」は極力避けたいと考えています。

 

「賃金と一緒に会社全体のスキルアップを図る」か「現状の何か(例えば、正社員の給料等)を削ってスライドさせる」事や業務内容の違いをしっかり説明して「現状維持を保つ」という強硬策にでる会社も必ず出てきます。

 

そもそも、待遇自体が改善されない可能性も出てくる

同一労働同一賃金はあくまで「業務内容に差がない事」が前提条件としてあります。

 

正社員と同等の業務をこなしている場合はこれに当てはまりますが、それは「正社員と派遣社員」の業務内容に差がある時であり、その違いを理由に「待遇改善されない」可能性が大いにあります。 

 

ただ、会社は賃金改善がされない理由を明確にして説明する義務がありますので、どうしても納得が行かない時は「派遣先の責任者」としっかり話し合ってみて下さい。

 

同一労働同一賃金の抜け道は業務内容にあり

 「同一労働同一賃金」は何度も言う様に「同一の労働に対しては同一の賃金を支給しなくてはならないという義務」となります。ただ、この言葉を逆手に取って「利用」する企業は今後も増えていくはずです。

 

例えば、正社員の職務怠慢を理由に「派遣社員が頑張っているから派遣を評価して正社員の給料を下げる」という対応をするパターンがあります。

 

これは憶測ではなく、実際に日本郵政が2018年の時点で「同一労働同一賃金」に向けて既に行っている政策です。(日本郵政はあくまで一例です。職務怠慢との結び付けはご遠慮ください・・・)

 

ここで重要なのが、ただ賃金水準を引き上げるだけでなく、「同一労働同一賃金を逆手に取って正規雇用・非正規雇用どちらかの水準を下げて対応」する事もあるという事です。

 

また、非正規雇用の水準は元々が低めで設定されているため、ここで言う派遣社員の水準を下げると言うのが所謂「派遣切り」となります。この話は後ほどしっかり触れていきます。

 

 

賃金が改善される場合、派遣社員にはメリットが大きい?

残念ですが必ずしもそうとは言えません。何故なら、作業に関してとても厳格な規定を作っている会社の事業主が多いからです。

 

つまり、「職務怠慢」の人間を切り捨てて「優秀な人材の賃金水準を上げる」という行動に出る可能性があるからです。

 

今現在、「仕事が暇だな」と感じている方がいらっしゃるとすれば、その方は少し注意が必要です。経営者の魔の手が差し掛かる可能性があるからです。

 

過去の派遣法改正時とそれに伴う同一労働同一賃金

話は一旦逸れますが、過去からの流れに沿って同一労働同一賃金の「落とし穴」について説明します。 2015年に派遣法改正により「3年ルール」が適用されています。

 

同一の労働者を同一の事業所において、3年間を超える継続が出来ないというものです。

 

では、引き続き同じ場所で就業するにはどうしたらいいか?となった場合に出てくるのが「直接雇用」として働いてもらうという方法です。

 

ただ、ここで落とし穴となるのが能力のある派遣社員とはわかっていても「そこまでのコストを掛けたくない」という派遣先が絶対数社は出てきます。

 

では、その場合どうするか?・・・言いづらい話、契約の打ち切りと言う選択も出てくるのです。この話が一体どういった形で「同一労働同一賃金」に繋がってくるのでしょうか?

 

 

最悪の事態:同一労働同一賃金の手前で派遣社員を切り捨てる

f:id:akatown:20200203211438j:plain

最悪の事態として同一労働同一賃金の手前の派遣切りという強硬策が・・・

では、何故過去の話を出したかと今回の「同一労働同一賃金」に対応する気がない会社が必ず出てくることになるからです。

 

・・・つまり、「同一労働同一賃金の手前で派遣社員の契約を切る」と考える最低な会社が少なからずあるという現実です。

 

同一労働同一賃金を前に何故派遣を切ろうとするのか

2020年4月を待たずして「派遣切り」を実行してしまおうと考える経営者も少なくありません。では、何故このような対応をするのでしょうか?この原因について理解してみましょう。

 

同一労働同一賃金の手前で派遣切りをする理由①経営コストアップの危惧によるもの

経営者の中には「営利追及にとことん厳しい」方も少なくありません。例えば、同一労働同一賃金の施行に伴って「派遣社員に対して退職金をつける」必要があります。

 

つまり、「派遣先の会社は派遣社員に対して時給の6%分を時給に換算して増やさなければならない」のです。

 

このため、派遣先の経営者は正社員と派遣社員の今後の事を踏まえて天秤にかけ、「自社の社員ではない派遣を切り捨ててしまえば解決」と言う安易な考えも出てきます。

 

だから、契約を打ち切るパターンも出てくることになってしまうのです。今契約中の派遣社員さんが「仕事が出来る・出来ない」ではありません。

 

派遣社員に正社員同等の給料を払いたくない・派遣会社にその分のお金も払いたくない」という判断により、失礼な話、一番簡単で効果が出やすい方法を取ってしまうのです。

 

同一労働同一賃金の手前で派遣切りをする理由②やる事が増えるから

理由の2つ目として、これまでとは違い「派遣社員・派遣先に対する対応が増える事」が挙げられます。例えば、今までの努力義務とは違います。

 

派遣社員も正社員と同様の教育訓練を行う義務が出てきます。また、行わない場合はそれ相応の説明が必要です。

 

このように、派遣社員のスキルアップに対する取り組みを無視して「時間コスト、人件費コスト削減」で対応、つまりは派遣切りで事を済ませてしまう会社も今後は増えてきます。

同一労働同一賃金で派遣切りにあった人、また、状況的に厳しい人の反応

こういった派遣切りが実際に起こってしまった例もありますのでその一例を挙げておきます。

 

 

同一労働同一賃金に追い打ちをかけるコロナウイルスによる派遣切り加速

2020年の3月時点、世間ではコロナウイルスの感染者増大により、経済が大きく衰退する事態となっている。同一労働同一賃金を拒むための派遣切り。つまり、「言い訳の一つ」としてコロナウイルスによる被害による派遣切りも出てくる始末です。

 

2020年3月以降のコロナウイルスと派遣切りに関する世間の反応

コロナウイルスの被害も合わさる事となってしまい、派遣切りが加速している。同一労働同一賃金の施行が一か月前に迫ったタイミングでの出来事・・・。経営陣としては都合の良い展開と言っても過言ではない。それでは、コロナウイルスによる派遣切りの実態を確認してみましょう。

 

派遣切りに合わないための、また、遭ってしまったときの為のお勉強として、下記の記事も参考にしていただければ幸いです。

 

改正派遣法と人気ドラマの復活の記事

www.akatown.jp

 

 同一労働同一賃金と退職金の関係についての記事

www.akatown.jp

 

 

まとめ:同一労働同一賃金の派遣切りは他人事ではないが対策はある

f:id:akatown:20200203211840j:plain

同一労働同一賃金に怯える前にまずはやるべき事をやろう

いかがだったでしょうか?今回の「同一労働同一賃金」による派遣切りが進む事態となっております。その大元である、派遣法改正はなかなかの曲者です。

 

「同一の作業」に対して「同一の対価を支払う」のを決めるのは「派遣先」である事に変わりはなく、いくらでも対応が出来てしまう「ザル改正」とも呼ばれています。

 

今後は派遣労働者にとって厳しい面もあると思いますが、しっかり働いている人はしっかり「意思を尊重すれば良い」のです。

 

派遣社員を助けるために派遣会社があるので困ったらすぐに助けを求めましょう。また、対応してくれない派遣会社はそれまでの会社というだけの話です。あなたの可能性はあなた自身で切り開いていきましょう。

 

ブラック企業に負けずに頑張ってくださいね。応援しています(^^♪今回は以上です。ご愛読いただきましてありがとうございます。