あなたは現金?クレジットカード?それぞれの特徴を知り家計を管理

f:id:akatown:20200209112501j:plain

日本では根強い人気を誇る現金決済。その理由をキャッシュレスと一緒に解説

2019年10月の消費税増税と共に始まったキャッシュレス還元事業ですが2020年、つまり今年の6月末までが期限となります。今現在2月の2週目となるため、約半分の月日が流れたという事です。お得な制度による還元もあとわずかの期間となるので積極的に利用していきたいですね。

 

ちなみに、2018年度の「総務省統計調査」によると、単身世帯の一月当たりの食費は約4万円(39,811円)となります。一人暮らしとなると、外食の回数も増える傾向になるため、二人以上世帯と比べて比率が大きくなるのが現状です。それならなおさら「キャッシュレス還元事業」を利用して多くの還元を得たいと考える人も多いです。

 

だが、そんな考えとは裏腹に「日本はキャッシュレス後進国」となります。キャッシュレスの話題はまた近々書く予定ですが、本題とは逸れるので多くは語りません。今回は日本の今後の課題ともいえる「現金 VS クレジットカード(キャッシュレス代表)」のお話をしていきます。

 

食材と日用品の買い物による決済に「何」を使用する?

大きく分けると、「現金」か「キャッシュレス」の2種類に分ける事が出来ます。現金派・キャッシュレス派それぞれの主張があるのでお互いの主張からメリット・デメリットを観ていきましょう。

 

食材と日用品の買い物は絶対「現金」と言う主婦の主張

 ・「手元にあるお金」でお買い物をするので無駄遣いがない

クレジットカードと違い、その月の買い物として健康的な家計を保ちやすい

キャッシュレス対象店舗を意識しなくて良い

食材と日用品の買い物は絶対「クレジットカード」と言う主婦の主張

 ・キャッシュレス還元事業の恩恵を受けることができる(期間限定)

 ・クレジット明細を使うので家計の管理が楽

貯まったポイントはネットショッピングでも使用できる

 

では、それぞれの主張を元に現金派とキャッシュレス派のメリットをまとめて解説してみましょう。

 

食材と日用品を現金で買うメリット

 食材と日用品を現金で買う主婦の主張としては、やはり「無駄遣い」がないというのが大きなメリットでしょう。キャッシュレス決済は便利でポイントが付く分「支払の感覚が麻痺」しやすいと科学的にも証明されています。

 

また、クレジットカードは今月の支払いをまとめて清算する「翌月決済」を採用しているので今月分の生活費を計算するときに「タイムラグ」が生じますのでこの分を今月分として計上するには「支払月」ではなく、「使用月」として家計簿をつける必要があります。このような煩雑な考えがないのも現金のメリットとなります。

食材と日用品をクレジットカードで買うメリット

 まず、期間限定で「キャッシュレス還元事業」によるポイントが「現金以外」の買い物でもらえるという点が挙げられます。また、クレジット明細が発行されるのでそれを元に家計の管理をする事も可能です。その他にも、「現金にはない」ポイントが付きます。貯まったポイントはネットショッピングでも使用できるため、お買い物の幅も広がるのは大きなメリットとなります。

 

ただ、上記で触れたように家計の管理をする場合は「金銭感覚の麻痺」であったり、支払月に関して「タイムラグ」が生じるので注意が必要です。

 

 

www.akatown.jp

 

 

www.akatown.jp

 

 

www.akatown.jp

 

 

www.akatown.jp

 

 

www.akatown.jp

 

 

www.akatown.jp

 

 

まとめ:自己管理が出来るならクレジットカード払いがお得

f:id:akatown:20200209112618j:plain

自己管理に自身のある方は、やはり「ポイントがつく」クレジット決済が良い

 いかがだったでしょうか?日本はキャッシュレス後進国で海外では異例となる「現金強硬派」が多いです。そのため、日本での家計管理は未だに現金の家庭が多いのが現状です。現金・キャッシュレスそれぞれのメリット・デメリットはありますが、そもそも「自己管理が出来る」ならどちらでも構いません。

 

逆に、自信がない方は現金押しで問題ないともいえるでしょう。健康的な家計を保つために今回の記事が役立ったら幸いです(^^♪今回は以上です。ご愛読いただきましてありがとうございます。