あなたは本当に問題ない?借金をする理由10選

f:id:akatown:20200219231852j:plain

借金をする理由の10選を公開。あなたは何個当てはまる?

この情報は「大手大金業者」が行った調査を大元として公開しております。そのため、記事の信憑性が高く、「10選のうち、1つはほぼ間違いなくあてはまる」借金の理由を公開します。この記事を読む事により、あなたの借金がどれだけあるかを自分目線で理解する事が出来ます。

 

当然ながら、項目が多いほどに「危険な状態」であり、その分借金が膨らんでいるはずなので、まずは「自分自身がどれだけ当てはまる」かをチェックしてみましょう。

 

※借金が膨らむと言う意味では注意が必要ですが、問題のない借り入れもあるため、一般的に危険度が少ないものには「」をつけておきます。

 

大前提:借金をするのは「娯楽費」を捻出するためが大半

また、ここでポイントとなるのが、そもそも借金をする理由「娯楽費の捻出」が大半を占めると言う事です。この事はまとめでも解説します。それでは本題に入ります。

 

借金をする理由①:仕事がないため、生活の維持を目的として

 仕事をする目的を考えてみると、「生活の維持」をするためというのが明確な答えでしょう。もし、突然「無職」になり、生活のためのお金がないとなると、「お金を借りる」という選択になるのは必然です。ただ、こうならないために日頃から家計の管理をしておきましょう。

 

www.akatown.jp

 

借金をする理由②:娯楽費としての資金捻出

 娯楽費の資金捻出でわかりやすい例で言えば「海外旅行」等でしょう。旅行に行くには飛行機・現地でのお買い物・お土産・ホテル代といいた金銭の支出が重なるのは当たり前の事。このお金が足りないばかりに、お金を借りて資金を作るという方も中にはいらっしゃるのです。また、借金をするぐらいなら「JAL旅行積立」のようなサービスを利用して計画的に旅行を楽しみましょう。

 

借金をする理由③:ギャンブル

 前回の記事でも説明しましたが、危険度が高いのが「ギャンブル依存」による借金です。このギャンブルに依存してしまう大きな要因は「勝った経験による大金の獲得」にあります。一度でも買った経験を味わうと「負けてもどこかで勝てる」という心理が働きます。

 

もうおわかりのように、こうなってしまったら「経営側の思う壺」です。こうして、人は借金をしてでもギャンブルに打ち込む事になるのです・・・

 

借金をする理由④:投資資金

 先に言っておくと、投資自体は凄くおすすめです。社会勉強にもなるし、「ギャンブルとは違い」理にかなった利益を上げる事が可能です。ただし、一発逆転を狙った「仮想通貨・FX(素人の)」のような投資はギャンブル要素も強いので、気を付けましょう。投資のレバレッジ分の損失補填にお金を使用したら元も子もないのです。また、投資はなるべく手持ち資金で行いましょう。

借金をする理由⑤:学費・奨学金の返済☆

大学進学等の入学費用・授業料等は将来のために必要な事であり、使うべきお金となります。これらのお金は自分への投資資金であり、積極的に使用するべきお金の一つです。ただ、目的もなしに大学や専門学校に行くぐらいなら正直な所、行かない方が良いでしょう。 

 

借金をする理由⑥:住宅ローンの返済☆

 人生において特に大きな買い物がこの「住居購入」であり、その資金として「住宅ローン」を利用する方も多いはずです。手持ちの資金で完済する事が出来ればそれも無しではありませんが、この住宅ローンは年末調整により「税額控除」も出来ます。ただの借金だとは思わずに世の中の仕組みをしっかり活用しましょう。

借金をする理由⑦:自動車ローンの返済☆

 車を買う時に「自動車ローン」を利用する方も多いです。考え方にもよりますが、安くて型式が古く長持ちしない中古を買うよりも、「環境性能割」の率が高いクリーンな自動車を買う方が長い目で見て得をする事が多いです。最も、運転する方の技術、予期せぬトラブル等も配慮すると慎重になるべき買い物となるため難しい所ではあります。

借金をする理由⑧:事業の失敗・倒産

事業の失敗により倒産となると、「従業員は解雇」で済みますが、経営者には「借金の返済」が待っています。 困っている場合は身内で抱え込まずにまずは「国民生活センター」・必要に応じて「弁護士・司法書士事務所」の力も借りましょう。

借金をする理由➈:賃貸の契約・引っ越し代

 もうすぐ新生活が始まる時期という事もあり、引っ越し業者の輸送費用も相場的に見て大きくかさむ事となります。また、引っ越し先に支払う数か月分の家賃を含む初期費用を合わせると手持ちでは足りない可能性も出てきます。こういった場合の借金は致し方ないと言うしかありません。

借金をする理由➉:他社への借り入れに対する返済

 借金をする上で怖いのが「多重債務」による借金の増加です。借金を返すために借金をする・・・この事を繰り返す事により借金が膨れ上がるパターンです。少な目の方で3社、多い人になると20社超という異常事態にもなり兼ねません。こうなる前に、「計画的な返済」を予め考えて借り入れするようにしましょう。

 

www.akatown.jp

 

まとめ:自分が借金をしていると言う意識を強く持とう

f:id:akatown:20200219232115p:plain

借金は仕方ない場合でも「しっかり意識して」無理のない生活を送ろう

今回は「借金をする理由10選」をお送りしました。これらの借金は「住宅ローン・学費・奨学金・自動車ローン」等の一般的な物から、多重債務・ギャンブル依存等の危険なものまで存在します。

 

お金の借り入れとは必要に応じて行う物です。だからこそ、上記であげた内容のように「娯楽費に目を向ける割合が大きい」と本当に必要な時にどうしようもない状況に陥る事もあるかもしれません。そうならない為にも、こちらの過去記事にある家計簿のつけ方や貯金が出来ない人の特徴等の記事を読んでしっかり対応してみましょう。(^^♪今回は以上です。ご愛読いただきましてありがとうございます。