緊急事態宣言の延長と解除、スタバとau PAYブロガーの店舗情報を提供

 

f:id:akatown:20200508233919j:plain

緊急事態宣言の延長と解除に加え、スタバの期限切れクーポン措置を再度発信

緊急事態宣言の延長、沖縄県の特定警戒都道府県の追加が騒がれており、対策本部による話し合いで【緊急事態宣言の延長】が正式に決定した。

 

ただ、それと同時に経済について判断すべき時がやってきた。日本も、イタリアやマレーシアのように【経済活動の再開】に向けて動くべき状況が来ているようだ。

 

 

緊急事態宣言の延長と解除、2020年5月末までに期間拡大となったが?

f:id:akatown:20200508234138j:plain

緊急事態宣言の延長と解除の詳細について解説します

安倍晋三内閣により、対策本部が2020年5月4日に開かれ、事前報告の通り【緊急事態宣言の延長】を「5月31日」までとする事を表明した。

 

ただし、これは【特定警戒都道府県】の話であり、時を同じくして【緊急事態宣言の延長】となった、【34県】については、新型コロナウイルス感染の防止を徹底したうえで、【経済活動を再開】する方向で話が進んでいる。

 

この正式な決定は【20205月14日】をめどに【解除の前倒し】をする予定だ。まだ、検討段階だが、すぐに結果が出る事となる。

 

また、特定警戒都道府県13県への追加が【危惧】されていた【沖縄県】の【新型コロナウイルス感染状況】は5月時点で【0】。 どうやら、その心配はなさそうだ。

34県の緊急事態宣言は解除すべきか!?

全ては14日以降に決まることだが、元々は6日に解除が予定されていた【緊急事態宣言】の期間延長が決まってしまったのが原因。起こってしまった事を咎めるより、【先の経済に目を向ける】事は良い事だ。

 

まずは、【34県】により経済を回しつつ、特定警戒都道府県13県を含めた全都道府県の新型コロナウイルス感染対策をしっかり行う事が全ての解決に繋がる。

ただ、厳しい意見もあり、34県全てがこうはいかないのが当然だろう。 

 

 

さて、ここからは【緊急事態宣言】で一躍話題となった店舗の一つ、【スターバックスジャパン】と緊急事態宣言の関係について今一度お浚いをしてみよう。

 

 

スターバックスの期限切れクーポンは捨てたら駄目?

期限切れクーポンは持っておいてください。以前の記事でもご説明した通り、新型コロナウイルスの【特別措置】としまして、スターバックスコーヒー(スタバ)【期限切れクーポンの期間延長】を行っております。

 

例えば、5月1日に切れたクーポンも6月末まで使えるようにスターバックスコーヒー(スタバ)が対応しています。詳しくは、こちらよりご確認ください。

 

緊急事態宣言の延長とスタバの記事(リンクの中に有り)をチェック

 

 

www.akatown.jp

 

au PAYブロガーによるその他のスタバ情報について

au PAYはKDDI株式会社が運営する3大キャリアの1つである【au】が提供する【コード決済が出来るスマホアプリ】で、大手コンビニ3店(ファミマ・ローソン・セブン)を初め、多くの家電量販店等で使うことができます。

 

また、スターバックスコーヒー(スタバ)では、イオンモールや駅前の【少数店舗】でしか導入がないものの、【au ウォレットポイント】を【スターバックスカード】に交換する事も出来ます。こちらについては、店舗情報としてリンクを載せておきますので、読んでみてください。

 

 スタバのau ウォレットポイントとスターバックスカードと期限切れクーポンの情報をチェック

www.akatown.jp 

まとめ:緊急事態宣言の延長とスタバの情報を活用しつつ、解除を待とう

f:id:akatown:20200503100601j:plain

緊急事態宣言の延長と解除の情報に加え、スタバの情報もしっかり活用しよう

今回は【緊急事態宣言の延長・解除とスタバの情報】を公開しました。特定警戒都道府県13県の解除はまたまだ厳しいですが、それ以外の【34県】で新型コロナウイルス対策を考慮しつつ、経済を動かしていきましょう。勿論、ウイルス対策をしっかり施しつつ、経済を回し、解雇や仕事に関する精神的ストレス・鬱病の様な人々の不安要素を少しでも多く取り除いていきましょう。

 

また、私の記事では【au PAYを主体としたキャッシュレス情報】・【店舗節約情報】・【チェーン店のアプリの登録方法】にフォーカスを充てつつ、最近では【新型コロナウイルス対策とテイクアウト・デリバリー】の記事を公開していますので、こちらも併せてご閲覧ください。

 

 借金で家族に迷惑が掛からないか心配で眠れない方は、内部記事も要チェックです

www.akatown.jp

 

今回は以上となります。いつも私の「au PAYを含むキャッシュレス情報」・「店舗節約情報」をご愛読いただきまして本当にありがとうございます。