緊急事態宣言の解除39県と【給付金】の申請・注意点を徹底解説!

 

f:id:akatown:20200517222751j:plain

緊急事態宣言の解除と特定警戒都道府県の今後に加え、給付金の申請方法を解説

全国に拡大している【緊急事態宣言の延長】が2020年5月4日に行われたが、それから1週間も経たないうちに、早くも次のステージに向かおうとしている。

 

新型コロナウイルスの特効薬【レムデシビル・アビガン】が人々に希望をもたらしたように、今度は【社会全体】が再生を求めて動き出す事となった。

 

 

【緊急事態宣言の解除】が決定!対象は【39県】

 

f:id:akatown:20200517222751j:plain

まずは、【緊急事態宣言の解除】として「39県」を優先する結果となった

2020年5月14日に首相官邸:【新型コロナウイルス対策本部】による会議が行われた。これにより【全国の緊急事態宣言延長】が決定したが、早くも次の段階に移ろうとしている。

 

それが、【緊急事態宣言の解除】についてだ。流石に、【特定警戒都道府県13県】の解除は全てを受け入れ難いのが現状だが、今回の対策本部の会議により、特定警戒都道府県13県のうち【茨城県・石川県・岐阜県・愛知県・福岡県】の5県を含めた【39県の緊急事態宣言解除】が決定された。

 

【8都道府県の解除】の見通しは?

では、残りの「北海道・埼玉・千葉・東京・大阪・神奈川・京都・兵庫」の【計:8都道府県】はどうだろうか?西村経済再生担当大臣によると、2020年5月21日頃に改めて会議を行い、新型コロナウイルスの新規感染者の動向を考慮しつつ、慎重な判断を下す予定となっている。

 

 正直な話、緊急事態宣言の解除を受けて、新たに【人々の気の緩み】が出始めている。「カラオケ・インターネットカフェ」等の遊興施設は経済活動を再開する事となったため、【三密】を心配する声が上がっている。また、ライブハウス・スポーツクラブ・ボウリング場は「クラスター拡大」の観点から自粛を続けるようだ。

新型コロナウイルスの爪痕【経済的な死者】が増加:生き地獄を乗り切るには?

 

f:id:akatown:20200517223023j:plain

世の中、生きていくうえで【お金】のコントロールは欠かせない。経済とお金について

今回の新型コロナウイルスによる【爪痕】はあからさまなものとなった。それもそのはず、経済活動を行わずして【社会全体のバランス】を保つのは不可能である。また、今まで保っていたバランスが元に戻る事は難しいようだ。これらをまとめると以下の通りとなる。

 

新型コロナウイルスの爪痕と【雇用労働者】

①リモートワークによる【経済不適合者】が浮き彫りとなった

②上記と同じく、会社コスト・リスクを整えるための派遣切り

③自粛継続という名の怠惰を理由とした【首切り】または【降格】

 

新型コロナウイルスの爪痕【経営者】

①飲食店を筆頭とした【店舗存続】不可能な状態

②経営破綻とそれに 伴う金銭的な手続き

 

f:id:akatown:20200517223352j:plain

これらを解決するには、まずは現状を知り「どうすべきかを逆算する」事も大事だ。例えば、サラリーマンの家計破綻なら【個人再生】・【自己破産】の選択をするのかで「今後就ける仕事」も変わってくる。あなたの家計を守るのはあなたの思慮深い意見にかかっているのだ。必要となれば【弁護士】に無料相談してみよう。

関連記事(内部記事):借金取りに怯えない為の【法律の理解と本当のエンディング】

www.akatown.jp

 

それでは、ここからは新型コロナウイルスによる経済対策として決定された【給付金10万円】の申請手続きについて解説となる。

 

 

全国民を対象とした【給付金】10万円の「申請方法」
f:id:akatown:20200517204122j:image

 新型コロナウイルスによる【給付金の申請】により10万円の給付を受け取る事が出来る。注意点としては、配布条件が【世帯主の受取】にある事だ。また、ここで言う世帯主の定義は【住民票上の話】であって、【家主】かどうかは基準ではない。そのため、【別世帯】という形を取っている方も実質的な受取人となる。

 

新型コロナウイルスの【給付金】申請に必要な物

申請用紙:2枚】・【身分証明書(住民票や運転免許証)のうち、どれか一つの写し】・【口座番号等の振込先が明確にわかる通帳、またはキャッシュカードのコピー

 

給付金の申請方法について:【署名・電話番号・生年月日】の記入

f:id:akatown:20200517212543j:image

①世帯主であるあなた自身の署名、または記名のうえ捺印する

②「いつでも繋ぐ事が出来る」電話番号を記入

③「①」で記入した世帯主の「生年月日」を記入

 

 

給付金の申請方法について:【口座情報】の記入
f:id:akatown:20200517203936j:image

④ゆうちょ銀行以外の場合【自身が指定した金融機関名】・【支店名(下3桁)】・【普通預金 or 当座預金の選択】・【口座番号】・【口座名義人の氏名、フリガナ】の記入をする。

 

給付金の申請方法について:【代理人情報(本人以外の申請)】と【添付書類】の貼付け
f:id:akatown:20200517204001j:image

 ⑤【代理人による申請】の場合も【世帯主】の時と同じく【代理人氏名。フリガナ】・【生年月日】・【連絡がいつでも繋がる電話番号】に加え、【代理人住所】と【世帯主の署名、捺印】をする

⑥【全国民を対象とした【給付金】10万円の「申請方法」】で説明した【本人確認書類・口座確認書類のコピー】をそれぞれ用意し、⑤・⑥の用紙に貼付け

 

代理申請の記入要件
申請を代理人が行い世帯主名義の口座へ振り込む場合:「申請・請求」にチェック
申請を世帯主が行い代理人名義の口座へ振り込む場合:「受給」にチェック
申請を代理人が行い代理人名義の口座へ振り込む場合:「申請・請求・受給」にチェ

 

注意点:いつの時代も【詐欺には要注意】だ
f:id:akatown:20200517203815j:image

特別定額給付金に関しての注意書きより【詐欺内容2選】

市区町村や総務省等の【給付金関係者】による【現金自動預払い機(ATM)】を使用した案内はない

市区町村や総務省等の【特別定額給付金】に対する【振込手数料】の催促はあり得ない

おまけ:au PAYブロガーと経済支援「テイクアウト」

 新型コロナウイルスにより【外食産業の売上】は明暗を分ける形となった。おそらく、消費者の方はともかく、当事者となったあなたならこの言葉の真意をご理解いただけるはずだ。

 

結果を言えば【お持ち帰り・デリバリー】で攻めた企業が【売り上げを独占する結果】となった。代表的な所で言えば【マクドナルド・ケンタッキー・フライド・チキン】あたりが有名だろう。

 

いきなりステーキをはじめとした【前年比:30%割れの店舗】がほとんどの中、この2社に限っては【前年比超え】をたたき出す結果となった。以前もお伝えしたように、消費者の中での【先入観】は本当に大きい物だ。

 

それ程までに【テイクアウト・デリバリーの「ビジネスモデル」が出来上がった企業】は強力な物だ。

 

 【テイクアウト・デリバリーの強者:2社】とキャッシュレス・節約の記事

www.akatown.jp

www.akatown.jp

 

まとめ:緊急事態宣言の解除で経済が動き出した

f:id:akatown:20200517223622j:plain

緊急事態宣言の解除により動き出した経済に目を向けつつ、警戒を。給付金の申請も要注意

今回の【緊急事態宣言の解除】により、今後の動向に期待と不安が残る状態ではあるが、確実に社会が動き出している。【自粛と経済活動】、この2つのうちどちらが欠けても【新型コロナウイルス対策】は完全には機能しないだろう。

 

【特定警戒都道府県13県】と【その他34県】によって感じ方も変わってくるだろう。しかし、やるべき事は皆、同じはずだ。経済活動が厳しい地域はより、自粛を強化し「リモートワーク」により仕事を回し、経済活動を再開した地域なら、細心の注意を払い、営業を再開するべきだ。

 

f:id:akatown:20200517225841j:plain

【あなたの優しさ】がご高齢の方を救うかもしれない。

また、給付金に関しては嬉しい話であると同時に【注意が必要】となる。いつの時代も【良心を餌にお金を騙し取る輩】が現れるのが「世の常・人の常」となる悲しい社会だ。もし、あなたの親族にご高齢の【世帯主がいらっしゃる家庭】は、こちらの情報を参考に、悪人による【給付金詐欺】の魔の手から救い出してほしい。

 本編はこれで以上となります。

 

私の記事では普段【au PAYを中心としたキャッシュレス情報】・【店舗の節約情報・アプリの登録方法】・【新型コロナウイルス対策に関連するテイクアウト・デリバリー】の記事を「200記事程」公開しています。読んで損をする情報はないので、「あなたの家計の処方箋」としていくつか情報を取り入れてみて下さい。以上です。

 

過去のおさらい←今回の記事までの流れを一挙公開

www.akatown.jp

いつも私の【au PAYを含むキャンペーン情報・店舗節約情報・新型コロナウイルス対策】の記事をご愛読いただきまして本当にありがとうございます。