家計改善ブロガーakatown(アカタウン) 家計のお金と心を支える帳簿

家計救済キャッシュレス×投資×節約アイテム×キャンペーン広告

MENU
ーおすすめ記事ー

2022年最新【つみたてNISA】運用報告:3年間の運用益ってどれくらい?

今回の記事では、私の「投資信託」と「積立NISA」3年間の運用益を公開します。

また、今回の内容は「投資信託・つみたてNISA」を始めようか迷っている方が「なんだ、つみたてNISAの運用益って結構簡単に出るんだ」と思えるような「お役立ち記事」となっております。ですので、少なからず

つみたてNISAの運用益が3年間でどれくらいになるものなのか興味がある方にとっては必ず有益な情報となります。ですので、よろしければ私の投資信託・つみたてNISAの運用益の記事を最後まで読んでみてください。

※本記事は今から始める方向けに投資信託の仕組み~つみたてNISAの仕組みを知ってもらうと同時に、私のつみたてNISA運用益を見てもらいモチベーション向上に繋がればと考えております。投資信託・つみたてNISAの説明書きが必要のない方は目次より「2022年最新:累計3年間の投資信託・積立NISAの運用益」へお進みください。

投資信託とは?f:id:akatown:20200101103738j:image

つみたてNISAを始める予定の方が必ず知っておかなければ混乱してしまう内容として、「投資信託」の存在があります。何故なら、つみたてNISAは

株式投資信託・上場株式投資信託(ETF)という金融商品を使って運用していくからです。

投資信託は文字通りまず「金銭を投資」する事により投資会社に資金をプールします。こうして集めたお金の運用を専門家、つまりファンドマネージャーに任せます。「投資運用のプロを信じて託す」と言った事から投資信託と呼びます。

つみたてNISAとは

今大人気のNISAについてご説明します。NISAとはイギリスの「個人貯蓄口座」であるISAに日本版の意味合いで「N」をつけて「NISA」となります。

よって、

NISAの「積立貯蓄版」のため「つみたてNISA」と呼びます。また、つみたてNISAは「金融庁御墨付きの投資信託や上場投資信託(ETF)」が対象となります。

ちなみに、つみたてNISAは取引手数料が無料です。更には投資信託の一部であり、最大のメリットは「利益に対する税金がかからない事」です。また、「つみたてNISAで莫大な運用益を上げるための必須知識」として「ドルコスト平均法」という戦略があります。

つみたてNISAで損をしないコツ 2,000万円貯めれる根拠について! つみたてNISAで損をしないためのコツ「ドルコスト平均法」の記事/

www.akatown.jp

それでは、ここからは投資信託と「運用益がそのまま自分の利益になるつみたてNISAの運用益」について見ていきましょう。

2022年最新:累計3年間の投資信託・積立NISAの運用益f:id:akatown:20200101103819j:image

令和4年になって3年間の投資信託・つみたてNISAの運用益が確定したのでご報告します。また、

私のような「投資初心者」が当たり前に投資信託・つみたてNISAで運用益を出していますので「投資初心者でも問題ない」と思ってもらえると考えています。それでは、私の累計3年間分「投資信託・つみたてNISAの運用益」をご覧ください。

※投資信託は、税金等、利益の観点からあまり積極的に買い付けを行っておりません。

3年間の投資信託の運用益発表

ニッセイ 外国株式インデックスファンド! 取得総額:22,000円  時価総額:42640円
トータル運用益:20,640円
ひふみプラス取得総額:66,499円  時価総額:97,386円
トータル運用益:30,886円

3年間のつみたてNISAの運用益発表

ひふみプラス取得総額:378,050円  時価総額:452,624円
トータル運用益:74,574円
ニッセイ 外国株式インデックスファンド取得総額:341,999円  時価総額:502,909円
トータル運用益:160,909円
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス取得総額:181,699円  時価総額:272,408円
 トータル運用益:90,708円
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)取得総額:141,000円  時価総額:166,107円
トータル運用益:25,107円
iFree 8資産バランス取得総額:107,600円  時価総額:126,207円 
トータル運用益:18,607円

特定口座合計f:id:akatown:20220102001641j:image

投資信託・つみたてNISA累計取得総額:1,238,350円  時価総額:1,660,281円
トータル運用益:421,431円

まとめ:つみたてNISAの運用益は今後も増える予定

今回は「2022年最新【つみたてNISA】運用報告:3年間の運用益ってどれくらい?」の記事を公開しました。結果としまして「全てのファンドにおいて黒字」という結果となりました。

 この結果からわかるように、不況と好景気をある程度見極める事が出来れば投資信託・つみたてNISA初心者でも運用益を出す事は簡単です。つまり、景気が悪いときは悪いからと萎縮せずに積極投資するのも重要となります。また、それでも足を止めてしまう方が多い現状の為、このようなツイートをご用意しました。それがこちらです。

元本保証はないため、最初は怖いかもしれませんが銀行預金より利率が断然良く、何よりプロが運用してくれます。勿論絶対ではありませんが、つみたてNISAを「インデックス型の投資」でつみたて投資しておけば「つみたてNISAの運用益がマイナスになるリスクは遥かに低い」です。怖がらずにまずは1歩、自分のため・愛する家族のために頑張ってみて下さい。

今回は以上となります。いつも私の「つみたてNISA」・「キャッシュレス」を中心とした「家計の救済ブログ」をご愛読いただきまして本当にありがとうございます。