「つみたてNISA」の売却するタイミングとは?上手な売り時を徹底解説

つみたてNISAは「少額投資非課税制度」といい、長い時間を掛けて資産運用が出来る仕組みの事です。つみたてNISAは、他の投資と比べても「少額」で始める事が出来、コツコツと資産形成が出来ると言うメリットがあります。

 

つみたてNISAによる資産運用を続けていると思ったより「資金が貯まっている」何て事もあり、「今売ったら大きなお金になるけどどうしよう?まだ売らない方がいいかな?よくわからないな・・・」何て意見もあると思います。

 

そこで今回は「つみたてNISAは20年間売らずに持っておくべきか?」、「いつが売却のタイミングなのか?」について徹底的に解説していきます。今からつみたてNISAを始める方も自分事としてつみたてNISAの売却必勝法について考えてみて下さい。

 

関連記事:つみたてNISAを20年間保有した場合の注意点とは?

つみたてNISAの売却のタイミングとは?

f:id:akatown:20201202133227j:plain

結論から言いますと、「つみたてNISA」の売り時として、いつ売却しても大丈夫です。

 つみたてNISAは、最大20年間はその利益に対して税金が「非課税」となりますのでいつ売却しても問題ありません。また、つみたてNISAの金融商品の売り時に関しては下記にてご説明します。

つみたてNISAおすすめの売却(売り時)タイミング

いつ売っても問題ない「つみたてNISA」ですが、やはりおすすめのタイミングというのもあります。下記で紹介する3つの節目により売却するのがおすすめです。

つみたてNISAおすすめの売却(売り時)タイミング①ライフイベント

 あなたが生活する上でライフイベントというものが必ず関わってきます。勿論すべてではないのですが、冠婚葬祭、住宅・教育費用等の多額のお金が発生するタイミングがあります。この時に合わせて一部つみたての売却をするのがより良い売り時と言えます。

つみたてNISAおすすめの売却(売り時)タイミング②運用目標達成時

 次におすすめなのが「運用目標達成時」です。例えば、目標としていた資産が2倍に到達したタイミングで売却しようと考えてその目標に合わせてつみたてNISAの資産運用をしていく事もおすすめです。また、下記の記事では「資産が2倍になるまでに必要な期間を計算する方法」をご説明しておりますのでこちらもご活用下さい。

 

関連記事:資産運用した金融商品が2倍になるまでにかかる期間について

 

 

つみたてNISAおすすめの売却(売り時)タイミング③必要に応じて

最後におすすめなのが、必要に応じてです。下記の老後の資金の内容でもご説明しますが、つみたてNISAは必要に応じて取り崩すのも大事です。上記2つのように資産運用がの目標達成、もしくはライフイベントのような大事な時期は勿論の事、ちょっと新しい「ゴルフクラブ」が欲しくなったというような時に必要なだけ取り崩すのも有りです。

つみたてNISAの全部売却は慎重に

つみたてNISAはいつ売却しても良いとお伝えしましたが、じゃあ全部売れば良いか?というとそういうわけではありません。何故なら、つみたてNISAは金融商品であり、常日頃、株価の変動により価格が上下します。

 

このため、全部売った後に価格の変動により資産が上昇するはずだった金融商品が手元にないという事になり兼ねませんので、出来れば複数回に分けて売却&資産運用をするのがベストです。

非課税期間が終わった後はどうなる?

f:id:akatown:20201202133630j:plain

これについてまず言える事は、安心して運用を続けて下さいという事です。何故なら、つみたてNISAは20年間の運用が終わると「課税口座」に移行となりますが、移行となる金額はその時の金額、つまり時価にて「課税口座で引き続き運用」となるからです。

 

詳細につきましては、つみたてNISA運用時の注意点3つの記事にて公開しておりますのでこちらよりご確認ください。

 

www.akatown.jp

 

つみたてNISAを老後の資金に回す場合は他の資産とご相談を

f:id:akatown:20201116191907j:plain

老後の資金として全額取っておくという選択もありですが、やはり「無理してまで資産運用に拘らない」事も重要です。何故なら、人生の中には様々なライフイベントがあるため、必要に応じて結婚、住宅、教育の費用等が発生します。

 

その時に、無理してまで老後資金のためにとっておくのは得策ではなく、むしろ「ライフイベント時の為につみたてNISAを取り崩す」のが最善の使い方とも言えます。

 

また、資産運用といってもつみたてNISAだけでなく、財形貯蓄、iDeCo、個人年金、定期預金等のお金があり、その中には、「すぐに使えるお金」もありますので、タイミングに応じて預貯金やそれらのお金を取り崩すのも状況によっては必要だと覚えておいてください。

 

まとめ:つみたてNISAの売却は必要に応じて行うべし

今回は「つみたてNISA」の売却するタイミングとは?について解説しました。まとめとしては次の通りです。

 

・つみたてNISAの売却はいつしても大丈夫

・非課税期間が終わっても時価にて反映される

・必要に応じて取り崩すのは最善案である

・ライフイベント時の売却は特におすすめの使い方

・老後の資金にするには他の資産ともご相談を

 

www.akatown.jp

 

 以上となります。あなたもこれらの内容に注意して楽しい「つみたてNISAライフ」を送ってみて下さい。また、つみたてNISAや資産運用に関して色々記事をご用意しておりますので併せてご活用下さい。