au iDeCoの魅力と強くおすすめする理由 公的年金の兼ね合いも解説

 

f:id:akatown:20200511200156p:plain

au iDeCoの魅力を実際に上位の記事を書く、お金の運用経験のある【au PAYブロガー】が徹底解説!

※筆者実績:au 使用歴20年、家計対策全般の記事を執筆。今現在、au PAYの記事に尽力。1位獲得経験有(ファーストリテイリング子会社:guの記事他)、職業:経理 全体執筆数:約200記事  上位表示(Google2ページ目迄):調べた分で約20記事 

 金融商品を実際に積み立てている【運用者】(投資信託・つみたてNISA・株・個人年金を運用)

 

突然ですが、皆さんは【老後年金2,000万円問題】はご存分でしょうか?実は、【老後にかかる資金は2,000万円を超えるから年金だけでは足りない】と金融庁は正式に公表しているのです。そして、この対策こそが【NISA】や【iDeCo】なんです。 とまあ、他の方達はこれを売り文句にしていますが、焦っても仕方ありませんよね?ただ、それは通常営業のお話で、【今は本当のチャンス】だと思います。続きは商品説明の後でします。

 

 

その他にも【人生100年リスク】・【突然のお別れ】・【派遣・アルバイトの打ちきり】・【新型感染による病気】があり、これらのリスクに【備えがない状態で闘える方は一人足りともおりません】。

 

また、筆者はブロガーではありますが【ファイナンシャルプランナー】のようなプロではなく、【お金の知識が豊富な【消費者目線】の家計対策ブロガー】でもあります。是非とも、【あなた御自身の事と捉え】、最後まで記事を読んでみてください。

 

補足:基本的に全ての国民が対象であり【専業主婦】の方なども入れるのですが、「入っていいなら絶対に入った方が税金的にお得ですよ!!」なんて安売りはしないのでしっかり見極めてご判断下さい。 

 

au iDeCoの魅力をau PAYブロガーが語る 公的年金の兼ね合いも解説

それでは、au iDeCoの魅力について見ていきましょう。au iDeCoは「スマホではじめる未来づくり」の言葉でも有名な【au アセットマネジメント株式会社】が運営・提供する【au ブランドの金融商品】です。au の場合は、【元本割れなし】の【元本割れはあるが運用益が小~中程度】あるものを合わせて「5種類のタイプ」により運営をしていきます。

 

また、 大前提としてiDeCoは【個人型の確定拠出型年金】となります。元々、この【確定拠出年金】は2001年に政府が「公的年金の保管を目的」とし、導入された制度です。2016年までは【自営業者】や【会社に企業年金のない方】のみが対象でしたが、2017年より対象範囲が拡大し、【制限】はあるものの、【全国民を対象】とするように制度が変更となりました。

まずは、iDeCo(イデコ)の仕組みを知り、そのメリット・凄さを知ろう

f:id:akatown:20200511200519p:plain

au iDeCoの仕組みを【iDeCo本来の3つの機能・メリット】にて徹底解説

au の iDeCoの種類5つを確認する前に、そもそもの【iDeCo:3つの運用メリット】を確認する事により、その仕組みを理解し、そのうえでau iDeCoの凄さを知っていきましょう。それでは、【経理ライター】でもある私が金融商品:iDeCoの魅力を解説していきます。

 

先にポイントを話しておきますと、iDeCoの三大メリットの特徴は【圧倒的な節税による安定した運用益の稼ぎやすさ】にあります。では、メリットの紹介に移る・・・その前にデメリットの解説をして、それを踏まえたうえでのイデコの魅力をお伝えします。

 

iDeCoのデメリット7選

投資商品の中でも【公的年金の補助】という名目があるだけに【優遇措置】が大きいiDeCoですが、当然【デメリット】もありますので、この点は先に理解しておきましょう。

iDeCoの【デメリット】7種類

1.原則60歳までは解約できない

2.掛けた期間が短い場合は【60歳で解約】出来ない事がある

3.運用リスクのある【投資商品の運用】が中心(リスク小~中)

4.投資の知識が全くないと相手任せになって危険(自分の意思が大事)←ポイント

5.運用益は【非課税】だが、受取時は、必ずしも【非課税】とは限らない

6.【運用益「非課税」】のため、欲求に負けてしまい、攻めすぎてしまう事がある

7.掛初めの手数料は当然ながらリスクとなる【国民年金基金等に計3,000円程支払】

 

それでは、iDeCoの【三大メリット】について一つずつ見ていきましょう。

iDeCoのメリット①所得控除による税金の控除

 サラリーマンの方には馴染みのある言葉と思いますが、iDeCoは【所得控除】が可能です。毎年、年末が近づくと年末調整の【控除申告書】を事務員さんより受けとりますよね?

 

その用紙の【生命保険料の控除】を【小規模企業共済等掛金控除】の欄に記入し、全額をサラリーマンの必要経費とし、【全額所得控除】する事が出来ます。例えば、【年収500万円:月の掛け金2万3,000円、税率20%だと「年間55,200円の節税」が可能】です。つまり、こちらの方は仮に【55,200円の元本割れをしても「損失0」】となります。

 

iDeCoのメリット②運用収益が【非課税】

 通常、株式・投資信託を運用する場合の利益には【20.315%】(復興特別所得税込み)の配当所得税がかかります。このため、仮に「1万円の利益」を出しても、利益はおよそ「8,000円」まで下がります。

 

ですが、【iDeCo】は国の措置の恩恵を受ける事が出来、【定期預金に対する受取利息】・【投資信託・株式の配当・売却益】(iDeCo運用の元本にプラスされる部分=利益部分)に対して、【税金が掛かりません】。つまり、多額の利益を出しても【非課税】なのでそのままの積立額+利益を受け取る事が出来るというお得なメリットがあります。

 

iDeCoのメリット③受取時も税制措置で最大非課税に

iDeCoは【原則60歳】で受け取る事が出来ます。また、その受取方法は主に2つです。まず、一つ目としまして【一時金として一括で受け取る】方法です。これは、所得の扱いが【退職所得】となり、【最大で40年間の場合】は、「2,200万円」もの税金を控除できます。このため、運用額・運用益次第では税金を【非課税】とする事が出来ます。 

 

 また、上記のように「非課税枠が大きい」場合でも受け取る退職所得によっては【非課税からはみ出てしまう方】も中にはいらっしゃいますよね?そうならないための対策、また、一定額を【分割】して定期的に受け取りたいと考えている方のために【年金として受け取る】という方法もあります。

 

 この場合、所得の取り扱いは【公的年金と同じく「雑所得」】となります。このため、65歳以上:年間収入【330万円以下】の【公的年金控除額】を基準とした120万円以内であれば、税金は【非課税】となります。

 

【退職所得控除・公的年金控除】についての詳細は、こちらよりご確認ください。

企業年金連合会:https://www.pfa.or.jp/yogoshu/ko/ko14.html

iDeCo(イデコ)はKDDI株式会社のキャリア【au】もオススメしている

 

f:id:akatown:20200511200011p:plain

au iDeCoはその名の通り、au がおすすめする【個人型確定拠出年金】である

金融商品の運用・受取、様々な観点から税制のメリットを享受する事の出来る【iDeCo】ですが、実は大手三大キャリアの一つである【au】の投資会社もサービスを提供しております。

 

金融商品を提供する【au アセットマネジメント】により、iDeCoのサービスを受ける事が出来ます。また、au アセットマネジメントが提供する【au iDeCoの種類は全5種類】です。  

au iDeCo(エーユー イデコ)の運用商品5選

au iDeCoは他社のiDeCoと同じく、様々な投資商品を掛け合わせた投資信託による運用や元本の保証された定期預金によりリスクとリターンが変わってきます。節税効果を本当に活かすのなら【元本割れのある投資商品4パターン】により運用するのがベターでしょう。

 

それでは、au iDeCoの全5パターンの商品をそれぞれ見ていきましょう。それぞれの商品により当然ながら【投資商品の組み合わせが違う】ので、その違いをよく見てみて下さい。

 

au iDeCoの運用商品①三菱UFJ銀行確定拠出年金専用1年定期預金【元本保証型】

 au iDeCoで唯一【元本が保証された】リスクゼロの定期預金プランが【三菱UFJ銀行確定拠出年金専用1年定期預金】のプランです。こちらのプランの魅力は何と言っても【経済の影響を受けない】事にあります。

 

ただ、逆を言えば【景気が良くても自分の利益は変わらない】ので、これをメリットと捉えるか?デメリットと捉えるか?はあなた次第です。

au iDeCoの運用商品②au スマートベーシック(安定)

投資商品の中でも 比較的低リスクの国内債券を中心に運用をしているのが【au スマートベーシック:安定】のプランです。こちらの魅力は、日本国内の債券による低リスクな運用が出来る事にあります。日本国内の債券は、海外債券と比べて更に低いリスクで運用出来る為、投資分類のiDeCoを出すのに不安が残る方は、こちらの商品が安全でしょう。

 

au iDeCoの運用商品③au スマートベーシック(安定成長)

au スマートベーシックの型を主軸とし、国内株式の割合を②よりも増やし、守りの姿勢から国内株式で攻めに入るのが【au スマートベーシック:安定成長】のプランです。

 

少しぐらいなら元本割れの覚悟をし、基本的にはそこそこの利益を受け取るという方は、こちらのプランがおすすめです。

 

au iDeCoの運用商品④au スマートプライム(成長)

au iDeCoの商品を一番バランスよく分けたのが、こちらの【au スマートプライム:成長】のプランです。スマートプライム:成長は【国内株式25%】・【国内債券35%】・【海外株式20%】・【海外債券20%】の分類され、上下10%の範囲でリバランスによる調整を行うバランスの良いプランです。 

 

全ての銘柄を均等にかけて運用したいならこちらのプランを選ぶのが良いでしょう。

au iDeCoの運用商品⑤au スマートプライム(高成長)

全プランの中で一番攻めの型にあるのが【au スマートプライム:高成長】です。こちらは、【国内債券・海外債券】を少な目にかけ、【国内株式・海外株式】で多額の運用益を狙うプランです。

 

はっきり言ってしまえば、リスクは一番高いですが、経済が衰退している時は一番効果の発揮できる運用商品となります。

 

また、5つのプランの詳細・管理コスト等、かかる費用についてはこちらからご確認ください。ちなみに、信託報酬とは【金融商品の運用を委託運用してもらう際にかかる、運用会社(au アセットマネジメント)に支払うお金】です。

au アセットマネジメント公式【運用商品5プラン】:https://ideco.kddi-am.com/au/

信託報酬(管理コスト)に関して:https://ideco.kddi-am.com/product/

重要:何故【金融商品】を・・・他の方達は【iDeCo】で積み立てるのか?

これは、上記で説明しているような【節税が出来る・少しでも損は少なくしたい】というのは大前提のお話で、それ以外の部分の内容となります。

当たり前ではありますが、「その商品」を買うには理由があります。よく使われる言葉で、【ドリルという商品及び工具が欲しいのは、その【ドリル】が欲しいからではなく、【穴を開けるのに使いたい】から】なんです。←ここが重要です。

 

一般的に【iDeCo】に入るのを決意するきっかけ5選

・年金問題のニュースを目にし、不安になって加入

・税金の優遇を受けながら貯める事が出来るから

・投資初心者・未経験でも問題なさそうだから

・将来苦労しないために今の内から積み立てる為

・投資に詳しく、今がチャンスだと踏んだから

 

新型コロナウイルスによる下落時の今がチャンス!

f:id:akatown:20200418235459j:plain

経済の衰退時は【投資的な意味合い】ではチャンスが訪れております。

急かすような言葉で申し訳ありません。ですが、はっきり言います!正直な話、2020年上半期の【今が投資のチャンス】です。投資をやってない方やiDeCoを検討中の方は「?・・・いやいや、投資じゃなくてiDeCoを少しだけ検討しているんだけど??

と思う方も中にはいらっしゃいますと思いますが、

 

そもそも、【元金保証型の「三菱UFJ銀行確定拠出年金1年定期預金」プラン(au 商品の場合)】以外は【投資商品を使っての運用】となります。つまり、【投資商品の運用】=【iDeCoの運用割れの恐れ】があるという事です。

 

 

では、実際に【新型コロナウイルス対策】で損をした方はどれくらいいるのでしょうか?全体の数字データは用意しておりませんが、【間違いなくほとんどの方が損をしております】。例えば、私が確認したプロの方は【公認会計士】であり、2018年から1年おきに【毎年20万近くの運用益】をiDeCoで出す方でしたが、そのようなお金に関するプロの方でもコロナショックで【約7万円】の損失が出ていました。

ただし!これは逆を言うならチャンスだと【現役投資者の家計対策ブロガー】は申し上げます。何故なら、今は【経済が沈んでいる】からです。何故、経済の衰退が【チャンス】なのかと言うと【経済全体に影響している要因=不確定要素による【一時的な下落】のためです】。

 

わかりやすく言えば、あなたが、凄腕のパティシエで【飛び切り美味しいシュークリームを売る事が出来るけど新型コロナウイルスによる影響でお客さんが来ない】場合、どうなるか?経営は【そのウイルスだけの影響で【あなたのお店の評判が落ちた】わけではないですよね?つまり、一時的な株価の下落はいずれは元に戻る可能性が極めて高いのが経済の流れと株価の変動なのです。※注:ただし、投資に絶対はありません。

 

では、下記にて投資の実例を申し上げますね。また、先に私の感覚的な言い回しで、今現在の状況を投資未経験者にもわかりやすいように言うと

【プロでも当たり前に損失がでる】⇒【理由は経済の衰退】【今から始める】⇒【経済が当たり前に回復】【安いうちにかけたiDeCoの運用益が倍増】という流れです。

いやいや、そんなうまい話はないよという方に向けて、投資の世界を少しお話しておきますと、皆さんがよくお使いの各銀行や大手携帯3大キャリアの一つソフトバンクの投資会社は皆さんから集めたお金を【多額の投資】に回し、利益を出しています。そして、利益を出す時はどんな時か?これは【確実に儲かる時に金融商品を買う】、言い換えれば【ほぼ確実に損失が出ない時に金融商品を買う】という仕組みを理解・行動する事です。

 

では、筆者の嘘偽りのない実話をこのページを見てくれた方だけに【特別】に公開です。 

(例)筆者:すかいらーくの株【平均20万円】(未取得)新型コロナウイルスによる大暴落(チャンス)すかいらーく株を買う(取得:15万弱)少し経済が回復(2020年5月上旬時点)=すかいらーく株の利益【既に利益2万円以上(株価17万弱)+優待年間6,000円程

これが、行動をした人だけが得られる結果となります。何故今か?それは【素人でも失敗しないタイミング】をお話しているからです。

すぐにiDeCoは抵抗が・・・でも、色々見て判断したい方へ朗報!!

f:id:akatown:20200513222907j:plain

新型コロナウイルスによる下落で【金融商品】を安く運用するラストチャンス!

私が読者様なら⇓

いくらakatownのような【経理】をやってて、家計の事やキャッシュレス・投資に詳しい人がそこまで強くiDeCo等の投資商品を勧めても【そんな簡単に信用できません!!】⇦これが当たり前じゃないですか?じゃあ、プロじゃない友達に聞く?・・と言うのが経験者の目線となります(厳しい意見で申し訳ありません・・・)

iDeCoに登録するには証券口座への登録が必要です。【新型コロナウイルスの経済回復】も後1か月もすれば更に回復するでしょう。これは、脅しではなく、根拠があります。

 

例:先程の【すかいらーく】の様な外食産業

緊急事態宣言の終了【34県】⇒【外食産業チェーンの営業再開&売上回復】⇒株価低迷が回復⇒【言い換えれば(iDeCoを含む)チャンスを逃す】となります。失礼な話、私は困りません。何故なら、既に【すかいらーく株】を買っているからです。

【そこまで言わなくても・・・でも・・・話はわかるけど・・・やっぱり不安なんです!】

ここまで真面目に読んで、こう思っていただいた方へ【家計対策ブロガー】が特別に【ほぼ絶対(確率の話)に失敗しない】⇓やり方を伝授します。

それこそが、モッピーです。モッピーは【今回お話したiDeCoの取り扱いもあり、何と!【iDeCo専用口座を登録するだけで【各電子マネーに換金できる】2,000Pが貰える】サイトもあり、基本的にどのサービスも【完全無料登録】でポイントが付く】優良サイトです。

 

つまり、【iDeCoの口座の前にポイントサイトに登録して【ポイ活】】⇒【貯めたポイント分は損失補填】⇒【補填分だけ運用(モッピーで20,000P貯めて、20,000円分運用「約1か月分の掛け金」+【iDeCoの節税効果「所得控除」】+新型コロナウイルスによる投資商品格安購入】=リスク極少

※これで、「いや・・・」となる方は正直に申し上げますと、投資は諦めた方が良いと考えております。【無理に元本割れのある商品に手を出す】必要はありません。ただ、【新型コロナウイルスによる投資商品が格安で買える今が間違いなくチャンスです!

 

絶対に損をしたくない方のみ、絶対に続きを読んでください⇓

【無料登録】・【上場企業運営】モッピーの魅力5選

f:id:akatown:20200513223128j:plain

上の図のように【途中で成績が傾いても問題ない】ために活用する【ポイントサイト】です

それでは、全く知らない方に【知らない情報をお金に替える【モッピー】情報】を公開します。新型コロナウイルスによる【家計対策】として【副業】でも使えますよ

 

【完全無料登録できるモッピー】をおすすめする明確な理由5選

 

【完全無料のモッピーをおすすめする、明確な理由5選】

  1. 【完全無料】であり、後で課金は絶対なし!筆者も使用中でサイトとは無関係(つまり、ステマではない)

  2. 上場企業【セレス】が運営しており、はっきり言えば悪い事は出来ない

  3. 高額案件多数!(例:iDeCo口座開設:2,000P)・(ゴールドクレジットカード作成:約30,000P獲得(モッピーボーナス17,000P+クレジットカード会社のボーナス13,000P))

  4. 新型コロナウイルス対策による爪痕も【モッピー】の活用で回復。スマホ一つで出来る【悪質サイトに飛ばない】優良サイト

  5. これだけで安心!【累計会員数800万人突破!】確かな実績を公開しています

f:id:akatown:20200512222338p:plain

無料登録で貯めたポイントは各銀行振込・ポイントに対応

 

 

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 

累計800万人が利用しているポイントサイト!

★タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★
貯めたポイントはAmazonギフトやApp Store & iTunes ギフトカード、
Webmoney、現金等に交換できちゃう♪

なんと、モッピーを通じて
\月間50万円以上/ 獲得している方も♪

 

※間違いなく【モッピーの公式サイト】に跳ぶのでその点はご心配しなくても大丈夫ですよ↓

完全無料:モッピー】を1分間で無料登録してみる今すぐバナーをクリック【↓】

▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト


登録が完了したら、メールが届くよ!
メール内記載のURLにアクセスしてみよう♪

あなたにオススメの広告が表示されるよ!
表示されただけでなんと、10ポイントGET♪

他にもアプリダウンロードや無料会員登録をするだけで
どんどんポイントが貯まっちゃいます!!

さらにあなたのタイプに合わせてお小遣いを貯めよう♪

▼▼▼ 遊びながらで貯めたい方必見 ▼▼▼

\完全無料/毎日見るだけ♪遊ぶだけ♪
PCでもスマートフォンでも参加OK!
タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実!

▼▼▼ ショッピングで貯めたい方必見 ▼▼▼

\ショッピングページがリニューアルOPEN/

ネットショッピングするだけでポイント貯まる♪
最大50%OFF!人気のショップも充実!
今だけ限定キャンペーンも実施中★

▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト


★★ 貯めたポイントを交換しよう ★★

モッピーは1P=1円であらゆる交換先に対応!

貯めたポイントは
現金や電子マネー、ギフト券に交換できちゃうよ♪

【現金】
全ての金融機関を取り扱っています!

【電子マネー】
nanacoポイント、楽天Edy、WebMoney、WAONポイント

【ギフト券】
App Store & iTunes ギフトカード、Amazonギフト券、Vプリカなどなど


▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

補足:登録する方は【iDeCo】で検索してポイントを獲得出来るポイントをご確認ください。

まとめ:au iDeCoはiDeCoの魅力を受けると共にポイントまで貯まる資産運用の鉄板である

f:id:akatown:20200511200727p:plain

あなたの【豊かな老後のため】に【au iDeCo】の運用について考えてみてください

 出典:https://www.au.com/finance/ideco/

今回は【au iDeCoを強くおすすめする理由】を公開しました。世の中は新型コロナウイルスの影響もあり、不景気が加速し、【リーマンショック状態】になるのではないかと危惧されていました。しかし、新薬【アビガン・レムデシビル】を筆頭に、緊急事態宣言の延長を解除し、いよいよ経済は回復の兆しが見えてきました。

 

また、投資的な意味合いでは、【ラストチャンス】とも言えるでしょう。ほぼ間違いなく稼げるタイミングはあまりありませんよね?だからこそ、強くオススメをしてみました。ただ、iDeCoを始め、投資商品、強いては【お金のかかる契約】は足がすくんでしまうもの。

 

しかし、だからこそ、【そこで得られるメリットは大きい】のです、あなたも、最初に一歩は怖いかもしれませんが、その先に待っているのは【不安を乗り越えた後の安堵】しかないはずです。

また、どうしても不安な方のために【ポイントサイト経由】のiDeCoの登録もお伝えしましたので、【iDeCoはもちろん、副業に興味のある方】は是非ともこちらの記事を参考にして、完全無料の【モッピー】登録をしてみて下さい。 

 

また、わからない部分があれば、【ブックマーク】をして何度も読み返してみて下さい。※基本的な金融商品ではなく、【キャッシュレスと店舗情報の記事】が多いですが、その他【生命保険・株・投資信託】の記事を合わせて【200記事】程あります。

 

※ブックマークをオススメする理由8選

  1. 実践にメインカード、アプリとして使っている筆者が要約した記事である
  2. このページを読み返すだけで「au WALLET」カードが完全に使いこなせるようになる
  3. 最新のau PAYキャンペーン情報を毎日更新中
  4. 実際にキャンペーンを使った【実践記事】により還元率とお得度が丸分かり
  5. au PAY・ウォレットが使えるチェーン店&使えない店舗でもその他のキャッシュレス情報を完全公開
  6. 使える・使えないに限らず、チェーン店の節約情報が「一まとめ」されている
  7. 各チェーン店おすすめのアプリ登録方法・クレジットカード情報が盛り沢山

 

また、私の記事では【キャッシュレス】に関して本当に困っている方に向けて【お支払い方法やアプリの登録の案内】もしておりますので、是非ともご活用ください。

 

www.akatown.jp

www.akatown.jp

www.akatown.jp

 

今回は以上となります。いつも私の【au PAYを含むキャッシュレス情報】・【新型コロナウイルスと経外食産業のデリバリー】の記事や【アプリ登録方法】をご愛読いただきまして、本当にありがとうございます。